猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 金の斧・銀の斧
2006年03月29日 (水) | 編集 |
「トリビアの泉」の種のコーナーで、子供相手に「現代版 金の斧・銀の斧」をやってた。
「駄菓子屋で10円玉を落としたお受験幼稚園生が、100円玉と500円玉を差し出されたらどうするか?」
ってなやつ。結構いろんな子がいて、面白かったですねえ。
私だったらどうだったかなー…と、昔の自分を思い起こしてみました。

……

あっ、そーいや私、小学生まで「お金」を知らなかったよ!

ど田舎だったもんで、お金を使うような機会がなかったんですよ…
おやつなんて、きゅうりとかトマトでしたよ…
(いや、親が買ってきた煎餅とかもありましたけどね)



「僕も知らにゃいにゃー」

コメント
この記事へのコメント
見てました!
自分が子どもの頃だったら…そもそも、嘘をつくことを思いつかないかも! なーんてね。
自分が持ってきたのは500円だった、なんて嘘を言った子、というか親、テレビ放送されて、嫌じゃないのかな?

飼い犬が、留守宅を泥棒から守れるか、というのも面白かったです。
2006/03/30(木) 00:20:54 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
500円も100円も持っていったつわものがいて爆笑してましたi-179

私のいとこは幼少のみぎり、お年玉に500円玉一枚と1円玉100枚を見せられて1円玉を選び、親に苦笑いされたそうです(笑)
2006/03/30(木) 00:32:47 | URL | ヨーダ #-[ 編集]
>ボーさん
そうそう、私も「いいんかい!?」と思いましたけど、
まあ承諾なしには放送しませんし、笑い飛ばせる範囲なのかなー。
雑種シリーズも面白かったですね!
番犬として飼われてない子は、無理だよなーと思いました(笑)

>ヨーダさん
やっぱり一番の爆笑はあの子でしたね~。
お年玉にその方法で来られたら、私も絶対一円玉選んでしまいそうですよ~…って、面白いお年玉ですね!(笑)
500円玉を選ぶのは何才からかな。
2006/03/31(金) 23:37:22 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック