猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 今週観た映画13
2007年04月08日 (日) | 編集 |
今週はフランス物いっぱい観た。
書いてから「レ・ミゼラブル」は映画じゃなくてドラマか…と気付いたけど、ま、いっか(おい)。

「オテサーネク」Otesanek/00
  私には無理…と思っていたヤン・シュワンクマイエル映画を初見。
  まあこれは絵本(監督の奥さん作)も読んだし、比較的万人向けぽいので。
  原典の民話に通じつつも、現代視点でしっかりと妄質的なホラーテイストに。
  限りない貪欲さとそれを支える偏愛の恐ろしさ。少女が程よく不気味。
「レ・ミゼラブル」Les Miserables/83
  リーアム・ニーソンでもジャン・ギャバンでもなく、フランスの3時間半もの。
  なんというか主役のリノ・ヴェンチュラから皆、おじさんの顔がすごくいいな。
  暗くて重くて長いけど、見てしまいました。こういう終わりだったのか…。
「天井桟敷の人々」Les Enfants du Paradis/45
  これも3時間超のフランスの名作。軽快な台詞も飛び交い、面白い。
  劇場のシーンも多くカラーで見てみたくなる…バチストの白さが際立ちそう。
  繊細でまっすぐなバチストが老けたヒロインより可愛いのはどうしたものか。
  二幕の前半はちょっとダレたけど、後半からラストがまた引き込まれる。
「冒険者たち」Les Aventuriers/67
  リノ・ヴェンチュラが見たくなり、うあが大好きでDVD持ってたので再見。
  前はアラン・ドロンに目が行ってたが、ヴェンチュラに惚れるのも分かるねえ。
  三人の楽しさとせつなさが音楽と共に残り、あの城塞島に行きたくなる。
「ラストコンサート」The last concert/76
  フランスが舞台だけど、英語でイタリア(日本資本)なのね。
  白血病の健気な女の子と、最初は心を開かない偏屈な作曲家おじさんの物語。
  そこに綺麗な風景と音楽が絡んで、嫌でも泣けますって。
  ヒロインがいいねえ、と思ったら、イタリアではもう重鎮だとか。おお。

今週は5Movie(Total 61)。



「僕はフレンチじゃなくて、アメリカンにゃ」
日本生まれだけどね。


コメント
この記事へのコメント
コーヒーはアメリカンが好き!関係ないか。
2007/04/09(月) 00:28:32 | URL | おくにゃん #-[ 編集]
この映画ラインアップは私も、かなり、そそられますね。
シュワンクマイエルは興味がありますが、これは未見。
ヴァンチュラの「レ・ミゼラブル」があるのは知らなかったです。
「天井桟敷」は世界一の名作に選ばれることもある映画。
「冒険者たち」は素晴らしい「青春」映画ですね。これは音楽が大好き!
「ラストコンサート」も懐かしいなー。映画館で観ましたよ。

私は今週3本。「三人の妻への手紙」「七年目の浮気」「ポリス インサイド・アウト」。トータル34本。
2007/04/09(月) 00:57:51 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
>おくにゃんさん
お! 私もアメリカン・コーヒー派です!

>ボーさん
お、今週はかなり傾向が来てましたですねv
シュワンクマイエルを劇場で観たボーさんには、これは普通でしょう(笑)
下の二本は青春期に観ると、すごく残りそうな映画ですよね。
うあも映画館で観たそうですよ(^^)
ボーさんは今週は古めのが多かったんですね。
なかなか倍の本数になりそうでならない…
2007/04/09(月) 22:05:51 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
フジテレビ新ドラマ『花嫁とパパ』紹介サイト。ドラマのキャスト・あらすじ・主題歌など花嫁とパパの見所などを紹介してます。
2007/04/08(日) 23:38:43 | 花嫁とパパ ドラマ 石原さとみ 主題歌