猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 「オーロラ」&「桑原弘明展」
2006年12月21日 (木) | 編集 |
昨日は、久々に映画を観て来ました。
レディース・デイだし♪
「オーロラ」
「エトワール」を撮った監督ならではか、
パリ・オペラ座全面協力(←この辺で魅かれて)の、
バレエ・ダンサーがたくさん出演している、オーロラ姫のお話。
オーロラ姫の話って知らないんだけど、こんななのか…? 創作なのかしら。
実は、踊り盛りだくさん、歌も入ったりして、
パリのオペラ座の雰囲気も味わえるかも!
と、勝手に思っていたので、それとはちょと違った(笑)
正直、踊り以外の所は眠くなってしまいました、ごめん。
途中で明らかに日本だろ(ジパンゴ国)、という国の王子が出てくるのだけれど、
…この国の踊りは、この話の中で前衛過ぎますよ…怖いよ…

おとぎ話でミュージカル、というと、
最近同じフランスもので「ロバと王女」を観て面白かったんで、
その雰囲気を引きずってた影響もあるかもしれない。
このカトリーヌ・ドヌーブの「ロバと王女」は、いかにもおとぎ話。
フランスらしい、ぶっ飛んだ感じもあって、
実は結構気に入ってしまったのであった。
いや、好みは分かれる系だと思います(笑)


映画の前に、社長に「絶対気に入るよ!」と言われた、
京橋の椿ギャラリーの 「桑原弘明展-SCOPE」 に寄りました。
精巧な小さな箱の中をスコープで覗くと見える世界…
いや、想像つかなかったんだけど、
本当に行ってみて覗かないと分かりません(笑)
(うまく説明ができないー^^;)
でも、すっごく感動した!
光の当て方で、箱の中の一つの立体風景が幾重もの顔を持つのだ。
こんな造形を考える人がいる事にも、感動した!
売っているのですが(既に完売)70万~100万くらいかな…
…宝くじが当たればなー(おい)。
作品は、光を係の方に当ててもらえないと愉しめないので、
決まった時間に行かないとですが、
22日(明日や)までやってます。



我が家のプリマドンナ。
「ふんがー!」

コメント
この記事へのコメント
にゃるほど、オペラ座だからなのね。そういう動機でいいんです、映画鑑賞はね!(力説)

「ロバと王女」はユニークでした。カトリーヌ・ドヌーブがきれいですが、なんといっても、あれは、監督が偉いですね。
ユニークといえば、らむ…!? うわ、すっごい伸び!
2006/12/21(木) 23:00:26 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
オーロラ姫ってバレエの「眠りの森の美女」のお姫様の名前だったような・・見たことないんですが。
らむちゃんはにゃんこのオーロラ姫か、100年分眠って目覚めたところ!だったりして
2006/12/22(金) 06:59:43 | URL | 宙まま #-[ 編集]
100年の眠りから目覚めたオーロラらむちゃん
いったい誰のキスで目覚めたのか…
というか、らむちゃん、それ、オーロラ姫じゃなくてピーターパンでは…
(もしくはイナバウアー?)
2006/12/24(日) 14:30:51 | URL | たけし #sBveMxbI[ 編集]
>ボーさん
ちょっとでも興味が出たら、やはり映画館に行くのがいいですよね。
って、なかなか最近、行ってないのですが(^^;)
「ロバと王女」ご覧になってましたか! うん、ユニークでした。
監督が偉いというと、あれを作り通したから?(んな事じゃないか)

>宙ままさん
そうそう、私が知ってる範囲でも「眠り姫?」でした。
でも、踊りを禁じた国の姫でありました。やっぱり創作かな?
らむは100年分の眠りの伸びと思えば、普通に見え…ないか(笑)

>たけしさん
王子様のキスでこんな風に目覚められたら、夢がないかも…(笑)
もうちょっと頑張れば、イナバウアーであったか!
2006/12/24(日) 21:13:13 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック