猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 先週観た映画〜3/5
2017年03月09日 (木) | 編集 |
 
とろけるように寝ることが多いらむちゃんですが。

170309_1.jpg

「むふーん」

時々「きゅっ」と丸くなって寝てます。
(ここは長椅子の座布団の間)

170309_2.jpg

手で足を抱え込んでキレイに卵みたいになってます。

170309_3.jpg

安心するのかねえ。


ちょっと録画を消化!

「殿、利息でござる!(16)」
  タイトルなどから思いきりコメディかと思って観始めたら泣かされてしまった…
  仙台藩での実話をコミカルに歴史的にはしっかりと。初めて知るものも多かった。
  羽生君の殿が話題になっていたけど、なるほど少しの登場でインパクトがあり、
  さわやかに嫌味なく場をまとめるキャラで合っていた。
  オープニングからラストの微笑みに至る山崎努が印象深くてすごくよかった。
「家族はつらいよ(16)」
  山田洋次監督。「東京物語」のリメイクである「東京家族」と同キャストとか。
  安心して観ることができつつ、いろいろと共感できそうな家族達のやりとりは、
  見守るように観てしまうね。熟年離婚から始まる話だったけど、
  ほんの少しのすれ違いや心遣いがに気づいて終わる。「東京〜」も観たくなった。
「クロノス(La invención de Cronos/Cronos/92)」
  ギレルモ・デル・トロ監督の長編デビュー作。古物商の男が見つけた奇妙な機械。
  それは人間を人間ではないもの(吸血鬼の一種か)に造り替えるものだった…
  永遠の命=吸血鬼というテーマを監督らしさのある独特の雰囲気で仕上げた感じ。
  変質した老人に言葉少なく寄りそう少女、という構図がまたなんとも印象深い。
「デビルズ・シティ(Fire City: End of Days/15)」
  人間になりすました悪魔達が同居し、彼らの不幸を糧として生きているという世界。
  あるアパートから異変が起こり、悪魔達は糧を失い始め、原因を探る…
  ほぼアパート内での事だし、肝心の異変の始まりも「それ?!」って感じだし、
  悪魔の特殊メイクが最も見所なのかなあ…という印象で終わってしまった。

先週までは、4Movie(Total 21)。
 


コメント
この記事へのコメント
うあさん、肩や足がいつも筋肉痛じゃないですか?
にゃんこは年とっても身体が柔らかくていいなあ・・・
From 年取って身体堅いおくにゃんより
2017/03/11(土) 17:16:07 | URL | おくにゃん #-[ 編集]
我が家は16本!
5日に「ラ・ラ・ランド」2回目観ましたよー。(しかも11日に3回目も観ている。)
らむも歌って踊りなさい。
2017/03/12(日) 11:02:16 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
>おくにゃんさん
大丈夫です、うあも楽な姿勢で抱っこしていることに慣れてきたようです。
にゃんこはほんと柔らかいですー私もうらやましい…(笑

>ボーさん
おっ、ボーさん、久々のリピートが積み重なりそうな映画でしょうか?!
らむが歌って踊ったら、楽しいな〜♪
2017/03/16(木) 21:44:02 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック