猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 らむの「今」2
2016年06月21日 (火) | 編集 |
  
らむ、そして飼い主へもご心配と労りのお言葉、
本当にありがとうございます。

その後のらむは…

160621_1.jpg

いろいろ缶詰やご飯などを手を変え品を替えしてみてますが、
食べる方には興味を示してくれません。
せめて栄養だけでも!と、
高カロリーの嗜好性のあるペーストを、
(猫によっては、おやつにもなる療法食)
口に塗り付けてみたりもしたのですが、
「無理矢理が嫌!知らない味!」という感じで、
ベッドの下に逃げ込んで、吐いて、フーシャー怒ってしまう状態。

口にするのは今のところ、ほぼ水だけです。
らむが以前から飲んでいるのは、人間のトイレの手洗い水。
いつも、飼い主が細く出したものを飲んでます。

160621_2.jpg

おーにゃんも、蛇口の水などが好きでした。
こういう流れる水の中にはエアレーションといって、
酸素が多く含まるそうですね。
それが心地よくも美味しいのかなと思います。

でも器の方がたくさん、要領良く飲めるのよね。
そんなんで、なんとか器で飲んでもらうべく努力中。
持ってあげたりしないと、なかなか飲まなかったりするので、
水を飲みたいタイミングは逃さないように気をつけてます。
今は、氷をいっぱい入れた水だと飲む気が起きるみたい。

160621_3.jpg

水しか飲んでないので力も出なくて、
放って置いて欲しい時もあるようで、
そんな時は暗くて狭いところに行ったりしてます。

160621_4.jpg

↑らむ専用コタツ。上に乗ってるのはハンドタオル。

でもそれ以外は、今まで通り長椅子やうあの椅子で寝たり、
窓の外を見たりしています。

160621_5.jpg

今のところ、朝が一番調子が良い感じかな?
人間トイレに飼い主二人を呼んで、
ちやほや(撫でまくる)してもらって、
水を飲む…という習慣はまだ続いてます。

160621_6.jpg

とにかく、らむのしたいことを邪魔しないように過ごしてます。
弱々しくなっていくのは止められないですが、見守っております。

160621_7.jpg

未だに病院に行かない後悔はぐるぐるしてます。
でもきっと病院に行っても後悔することも分かってます。
どちらの後悔からも逃げられないのは仕方ないと思いつつ。

160621_8.jpg

らむのくれる信頼を裏切らない飼い主でいたいなあと思う日々です。