猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 先週観た映画 〜2/21
2016年02月25日 (木) | 編集 |
 
なんだかまた寒くなったー!
と思ったけど、そういやまだ2月です。
寒い方が当たり前なのよね…

「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(What We Do in the Shadows/14)」
  ヴァンパイア達がシェアハウスで現代に暮らす…というニュージーランド映画。 
  ブラックコメディ的なモキュメンタリーでよく知られた吸血鬼キャラが面白い。
  新参者によって変化が起きる中、皆に気に入られているスチュの存在がいい(笑)
  そのスチュのお陰でラストがまたなんだか面白い展開で終わってたなー。
「愛しのゴースト(Pee Mak/13)」
  誰もが知る怪談の現代アレンジの作品らしいタイでの大ヒット作品。
  タイ映画は始めてかな? 現地の風習を知らないと…的な部分も多いけども、
  ホラーとミステリーとギャグが混じり合って、なかなか面白かった。
  何よりラスト、そうなっちゃう?!というエンディングに。  
「レジェンド・オブ・ヴィー 妖怪村と秘密の棺(Viy/14)」
  1967年ソ連ホラーの「妖婆 死棺の呪い」のリメイクらしい。
  ロシアが大金を注いだという大作ダークファンタジーになってます。
  当時の最先端?な科学的な主人公と古い伝説や迷信に囚われた村という対比は、
  ありがちだけど安心して観られる。映像は綺麗だけどちょっとグロさ強めかな。
「プロジェクト・アルマナック(Project Almanac/15)」
  MITに合格した高校生がタイムマシンの設計を見つけそれを仲間と作り…
  若い奴等がやりそうだなーという自分に都合のよい展開への修正が、
  ひずみを生んで…という流れだけど、ラストの締め方はなんだか微妙だったな。
  POV方式かなと思ったけどファウンド・フッテージという手法になるらしい。
「五線譜のラブレター(De-Lovely/04)」
  往年のスタンダートナンバーなどの名曲を多く作ったコール・ポーターの半生。
  最期の彼から始まり過去を舞台や曲を織り交ぜながら見返すような形で進んでいく。
  彼を支えるアシュレイ・ジャッドのリンダがとにかく最後までかっこよかった。
  私でも知ることの多い数々の曲(歌う人々もいい)とそれに纏る想い出。
  そんな人々に盛り立てられるラストは、じーんとしてしまったわ。
「リメイニング(The Remaining/14)」
  結婚式の幸せな場面が一転、突然死する人々と天変地異的な災害が始まり…
  とPOV方式の映像も取り混ぜながら追いつめられていくわけですが。
  うーむ、宗教への思いの強さ…というのは他でもあったなあ。
「マライアと失われた秘宝の謎(The Adventurer: The Curse of the Midas Box/13)」
  イギリスの人気小説が原作の19世紀末を舞台にした少しマジカルな少年冒険物。
  次世代のラドクリフ君か?という主演の子で、周りの役者もそれなりに揃ってる。
  ただ「ライラの羅針盤」の時にも感じた話をすっ飛ばした残念な感じが更に強い。
  RPGのゲームみたいにキャラとアイテムはあるけれど、的な唐突感があちこちに。
  続編を作る気満々な繋ぎだったけど、どうなるのかなあ。

先週は、7Movie(Total 25)。


300円ショップで、ろうそく風ランプを買ってみました。

160225_1.jpg

ちょっとゆらゆら揺れたりしますよ。

160225_2.jpg

「……」

160225_3.jpg

「……」

160225_4.jpg


「…らむはいらにゃいにゃ…」

らむにとっては単に得体の知れない物だね(笑)
 


コメント
この記事へのコメント
今回の映画はバンパイアやらゴーストやら妖怪やら、寒い季節とは裏腹な映画から観たんですね。そして、コール・ポーターの半生の映画まで!コール・ポーターといえばマリリンの「私の心はパパのもの」の作曲者ですねぇ。名曲はもっとありますけど。


300円ショップにもリアルろうそくランプが売ってるんですか。これ、炎が揺れて、本物っぽいんですよね。火は使わないから火事になる心配もないし。
らむちゃんにとって大事なのは「食べれるか食べれないか」と「獲物になるかならないか」でしょうか?ろうそくの前に立つらむちゃん、ちょっぴり妖怪化け猫っぽいです。
2016/02/28(日) 00:03:50 | URL | たけし #sBveMxbI[ 編集]
「五線譜のラブレター」は星4つ! 2004年に観たからブログ記事にはなくてHPにあります。
私は映画見ていず18本のままにゃよ! 今年も負けか…(早い!)
2016/02/29(月) 07:09:07 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
>たけしさん
コール・ポーターは「私の心はパパのもの」の作曲者でしたか!
それは映画には出てこなかったな〜残念。
そうそう、300円で買えるにしてはなかなかよい雰囲気のものでしたv
にゃんこにはほんと、そんな感じですね(笑)
暗い中でじーっと観てたら化け猫風になるかな?!

>ボーさん
わーやっぱり劇場で観てらっしゃいましたか!
半世紀伝記としてもミュージカルものとしてもなんだかじーんとしましたです。
そして先週は私も観なかったんですよーまだ分からず?!
2016/03/01(火) 22:08:02 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
チキンならむには、不気味なだけでしょ(笑)
2016/03/06(日) 22:35:48 | URL | おくにゃん #-[ 編集]
>おくにゃんさん
まさにまさに(笑)
知らないものに対してはホント〜にチキンです!
2016/03/08(火) 21:19:50 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック