猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 先週観た映画 〜2/8
2015年02月09日 (月) | 編集 |
 
また寒くなってきたよう。

「黒執事(14)」
  原作の最初を少し読んだ事がある程度。冒頭の主役二人の台詞回しで止めそうに…
  まあで映画設定とはいえ、マンガっぽい世界観をダークに観ることはできた。
  先日、優香の出た舞台の録画を観たんだけど、これがキレキレでなかなか良い。
  今回も違う意味のキレキレでストーリーが締まってよかったです。
「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(Only Lovers Left Alive/13)」
  トム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントンの吸血鬼モノ!で観た。
  アダムとイヴというネーミングからしてお互いが唯一の存在だと分かる二人、
  トムもティルダも浮世離れしているところが出ていてよかったです。
  人間をゾンビと呼んでいるところが成程なあと思いつつ。
  ジム・ジャームッシュらしさ…というのはまだよく分からないけど、
  好き嫌いは分れそうなかな緩さ。ラストのショットにちょっと笑った。
「(ほとんど)チャーミングな王子(Un prince (presque) charmant/13)」
  ふざけた邦題だと思ったら、ほぼ原題ママなのね。ヒロインが王子を夢見て…
  だからか現地ポスターでは葉巻を吸ってるカエルの王子。
  傲慢な男が娘の結婚式の為に南仏に向かいながら、恋をし、自省してという、
  王道ながら軽く、南仏への旅も楽しめるラブコメ。
「ザ・ドア 交差する世界(Die Tür/09)」
  ドイツのSFサスペンス。マッツ・ミケルセンがドイツ語で演じてる!
  そしてまたも重苦悩な役。不倫の間に娘が死んでしまった男が荒みきった5年後、
  蝶に導かれて5年前の世界に。そこで娘を助け、5年前の自分を殺してしまい…
  タイムパラドックス的な物を超越したなかなかトンでもな世界観になってます。
  ラスト以降はどうなるのか? 逃げ出した先に平安があるのかは本人次第だよね。

先週は、4Movie(Total 21)。


5年前と言えば、もうおーにゃんはおらず…

らむは既にトイレで水を飲んでいて。

150209_1.jpg

「ぺろぺろ」

マリは天井近くで、ごめんなちゃい寝をし。

150209_2.jpg

「ぐー」

てんちゃんは家に入れて一カ月、
まだまだ緊張MAXな頃でしたにゃー。

150209_3.jpg

「ち、近寄らないでにゃ…」

150209_4.jpg

これくらいの触れ合いがやっとでしたなあ。
 


コメント
この記事へのコメント
て、てんちゃんの、ふてぶてしさが…ない!(笑)
「オンリー・ラヴァーズ~」、ジャームッシュはほとんど見てないけど、多分、私は好きじゃない。
我が家は「アップサイドダウン 重力の恋人」「ウォールフラワー」「マイヤーリング」の3本、計10本にゃ! ダブルスコアにゃ!
2015/02/09(月) 23:20:30 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
らむちゃんとまりんちゃんは今と全く変わらず、5年でかなり変わったのはてんちゃんですね。
ついでに、うあさんの仕事環境も大きく変わりましたよね。

5年って、短いようで結構長いです。らむちゃんもきっと、この後の5年で、おしとやかな令嬢に…かなり無理っぽいですか?
2015/02/09(月) 23:54:52 | URL | たけし #sBveMxbI[ 編集]
てんちゃんが細め・・・
そして二人の触れ合いはET的?
2015/02/15(日) 23:21:25 | URL | おくにゃん #-[ 編集]
>ボーさん
てんちゃん、警戒してた頃の顔の方が可愛いんですよね(笑)
「オンリー…」はほんと好きな人は好き何だローなあなんて思いつつ。
おお、ちょうどダブルスコア?!

>たけしさん
らむマリはおーにゃんがいなくなってから、今のワガママが習慣になってきたなあ…と思い出しました。
そしてそう、てんちゃんと共に?うあも大きく変わりましたー!
5年後は…どうなるかなあ(笑)

>おくにゃんさん
やっぱりてんちゃんが細いんですよね。
今は「ぼてっ」って感じなので(笑)
指の触れ合いはまさに…!
2015/02/17(火) 20:54:11 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
こういうのって、雰囲気で観るの?
2015/02/09(月) 23:14:24 | 或る日の出来事