猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 先週観た映画 〜1/25
2015年01月26日 (月) | 編集 |
 
録画を結構観ましたよ。
民放の映画放送も久々にそのまま観たり。

「ハウンター(Haunter/13)」
  同じ一日を何度も過ごしていることに家族でただ一人気づいた少女リサ。
  家に縛られたまま、少しづつ見えてく現象の原因と関わる人々…
  怖いながらも知らなければ現状を変えられないもどかしさと焦り。
  オリビアの視点ではなくリサの視点、というところが面白いのかも。
「シャニダールの花(13)」
  SFなのかファンタジーなのか、女性の胸に咲く花…という架空のものを、
  守り、育てる研究所が舞台。根拠も過程もあやふやなので「世にも奇妙な〜」の
  一篇を美しく2時間に伸ばしてみました、という印象でした。
「ガンズ・アンド・ギャンブラー(Guns, Girls and Gambling/12)」
  クリスチャン・スレーター主演の巻き込まれ型クライム・コメディ。かな。
  エルヴィスのコスプレのゲイリー・オールドマンは何だかあっさり…
  ブロンド不二子ちゃんのヘレナ・マットンはカッコよかったね!
  ラストはありがちなどんでんだけど悪くない。
「ある朝突然、スーパースター(Superstar/12)」
  平凡な(という言葉も作中問題になってたが)男がある日突然有名になり…
  「ローマでアモーレ」にあったエピソードみたいにある日突然スターになって、
  ある日突然メディアや人々の興味が変わるコメディ?かと思ったら、こちらは、
  メディアに人生を潰されるちょっとしたホラーにも感じる代物だった。
  集団心理の恐ろしさ。結局、一番知りたい部分は謎のまま…
「ルノワール 陽だまりの裸婦(Renoir/12)」
  モデルとしてやってきたデデをメインにルノワールの晩年を描いた作品。
  ルノワールの絵画を感じられるような光とフォーカスの映像が雰囲気あっていい。
  ルノワール役のミシェル・ブーケは晩年の自画像によく似てたなあ。
  後に映画監督(&デデと結婚)となる次男ジャンも描かれていて興味深い。
「江ノ島プリズム(13)」
  福士蒼汰主演の江ノ島周辺を舞台にした青春タイムトラベルファンタジー。
  ほのかに懐かしい感じがすると思ったら昔コバルト文庫で読んだ小林弘利氏脚本。
  死んだ友人を助けたい想いが時を越え…という、ちょっとした矛盾はおいといて、
  爽やかながらほんのり哀しい青春という時代と気持ちを感じる雰囲気優先。
  しかしなあ、原因は結局あの女の子のせいじゃん、と思ってしまう、ははは。
  タイムトリップものとして、他の映画もちらほら思いしつつ…
  今日子ちゃんの存在は都合の良いものだったけど、他にリンクしてんの??
「ある日どこかで(Somewhere in Time/80)」
  ↑を観ながら思いだしたタイプトリップ物のちょいムリヤリな方法といえばこれ。
  SF作家のジャック・フィニィが作品で生み出したトリップ法だったのね。
  (この映画では「フィニィ博士」が主人公にその方法を伝える)
  これも方法よりもラブロマンスと雰囲気がメインなのを分かった上で好きだけど、
  やはり方法も運命の出会いも短絡的だよなあとは思う、ははは。
「トリック劇場版 ラストステージ(14)」
  劇場版が増える度に、なんだか…な気分が増えていったのでこれも期待せず。
  海外ロケというところもね。でも観始めたら、この久々のノリに素直に笑えて、
  出し過ぎずしつこ過ぎない感じで展開も普通に観られて、最後には泣かされた…
  一話に繋がるという、わー、ニクイくらいうまいラストになってたよ。よかった。

先週は、8Movie(Total 11)。


150126_1.jpg

「テレビばっかり…」

150126_2.jpg

「観てるんじゃないにゃー!」

150126_3.jpg

「…ふにゃ…」

人間がテレビ観てると、そこがあったかくていいでしょ。

150126_4.jpg

「うむ…」
 


コメント
この記事へのコメント
テレビ暖房は温かくていいとは思いますが、音はうるさくないのでしょうか?スピーカーが別の位置に置いてあればいいのですが、音が真下から出てたらあまりリラックスできないような気がします。映画とかだといきなり大きな音が出たりしますし。
まあ、気に入ってそこにいるのですから、きっと大丈夫なんでしょうね。
2015/01/27(火) 11:02:47 | URL | たけし #sBveMxbI[ 編集]
「ある日どこかで」は良かったですね!
「トリック」は相変わらずな…。
我が家は「赤い河」「ナイアガラ」で計4本にゃ!
もう今年も負けたな。
2015/01/28(水) 08:05:35 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
うあさん、まおさんの近くにいられれば少々の音は気にならない?
高みからお二人の様子もチェック出来るし、テレビさまさまのらむちゃんですね
2015/01/29(木) 00:08:36 | URL | おくにゃん #-[ 編集]
>たけしさん
そうそう、うるさくないのかな?と思うんですけど、これは音量が上がっても平気なようなんですよねえ。
掃除機とかは全然ダメなんですけど(笑)

>ボーさん
「ある日どこかで」はやっぱりいいですよねえ!
ボーさんはマリリン含めてクラシックな2本だったんですね。
ふふふ、本数だけは…

>おくにゃんさん
音はどんなアクションな音でも驚きもしないんですよね。不思議。
高みにいるということで、気持ちの余裕も大きいのかな?(笑)
2015/02/01(日) 20:31:36 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
これほどロマンティックな、純粋で美しく哀しい恋愛映画も珍しい。 泣けた~!
2015/01/28(水) 07:28:10 | 或る日の出来事
「上田、これが最後って、どういうことだ」
2015/01/28(水) 07:28:40 | 或る日の出来事