猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 先週観た映画 〜9/21
2014年09月23日 (火) | 編集 |
 
比較的近年作ばかり観たかな?

「ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋(W.E./11)」
  「英国王のスピーチ」で知った2人ながら、詳しく知らなかったので録画。
  邦題から史実的な描き方かと思っていたら違ったし、監督はマドンナだったのね。
  1998年のNYで暮らすウォリーの視点から実録的に妄想的に過去の2人が交錯。
  遺品オークションから関連するのは面白いかな。
「カール・ラガーフェルド スケッチで語る人生(Karl Lagerfeld se dessin/12)」
  副題の通り、ラガーフェルトが仕事場の机でひたすらスケッチで人生を語る。
  生立、経歴、会った人々、出来事、作ったもの、etc…すんごい記憶力と瞬発力!
  主に使ってたのが日本のポスカでちょいと嬉しい(笑) 化粧品なども使うのね。
  最後に飼い始めた猫にめろめろらしいところも良かったな。
「清須会議(13)」
  歴史物三谷映画。いつもながらそれぞれのキャラが立っていて面白い…んだけど、
  これは歴史上の人物が既に頭に入っていないと面白さが減るんだろな。私、それ。
  何しろ集まる人々の人数が多くて、ここに至った政治的な人間関係と駆け引きが、
  後半に行かないとよく分からない。三谷映画は一番最初の「ラヂオの時間」が
  好きなので、ついその雰囲気を求めてしまうのかもしれない。
「アンナ・カレーニナ(Anna Karenina/12)」
  トルストイの名作。原作を読んでいないせいもあるのか「ギャツビー」と同じく、
  名作という雰囲気を感じられなかった。どちらも破滅的だなあ…とは思うけど。
  でも舞台的ちっくに映画でしかできない転換が面白くて、退屈にはならなかった。
  2組の男女の比較にもなる物語なのかな。アンナの方は舞台的演出で
  リョーヴィンの方は屋外ロケが多いので。主役には共感できず、周囲の人間に
  同情をするばかりに…ジュード・ロウもこういう役をやるようになったのね。
「ムーンライズ・キングダム(Moonrise Kingdom/12)」
  ウェス・アンダーソン監督版小さな恋のメロディ、と言っていいのかな。
  周囲からははみ出してしまう12歳の少年少女の失踪が両親や周囲を巻き込んで…
  無表情の2人ながら、これが意外とベタさもある甘酸っぱい関係でよかった。
  うまくまとまるか?と心配になるけど、静かにくすりとさせてくれるシーンと、
  島の描き方、それぞれのキャラの個性が立って、最後まで面白かった。

先週は、5Movie(Total 113)。


暑い時期じゃなくても、
背中があったかいと腹出すにゃん。

140923_1.jpg

「背中あったかー」

140923_2.jpg

「カーペットほかほか…」

140923_3.jpg

「……」

てんは、うあが撫でてる時に気分がいいと腹を出すようになってきたらしい。
写真に撮りたいけど、2人揃うとまだ緊張するんだよねえ。
 


コメント
この記事へのコメント
「ウォリス~」はマドンナ監督、なかなかのものでした。
我が家は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の1本で、計90本にゃす!
2014/09/23(火) 22:13:45 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
「アンナ・カレーニナ」はヴィヴィアン・リー主演の1948年版を以前観てますけど、私もあまり感情移入できなかったな。主人公の思い込みだけで廻りまで巻き込んでの悲劇、みたいな印象でした。ヴィヴィアンはすごく綺麗なんですけどねぇ。片まゆ上がってましたけど。


にゃんこのオナカのぷにふわ具合は、なかなか心地好いんですけど、オナカ出すにゃんこがなかなかいないんですよねぇ。まりちゃんのオナカ、ナデナデしたいにゃ。
2014/09/24(水) 10:59:13 | URL | たけし #sBveMxbI[ 編集]
>ボーさん
知らないと「え、マドンナだったの?」という感じですよね。
お、アライグマ観て来たんですねー!

>たけしさん
そうそう、主役に感情移入できないですよね。
でも古典の名作ってそういう悲劇と破滅に向かう主人公が多いのかな…?
片眉あがりのヴィヴィアンの顔はすぐに浮かんでしまいますね!(笑)
にゃんこのお腹もぷにふわはいいですよね〜うずめさせて欲しい…
2014/09/27(土) 22:05:15 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
てんちゃんは、まだ心を許してなかったのか・・・
ご飯も、暖かい寝床ももらっておきながら、ちと許せん・・・
2014/09/27(土) 23:58:25 | URL | おくにゃん #-[ 編集]
>おくにゃんさん
そーなんですよ、「そろそろいーじゃーん」と思うのですがなかなか。
警戒心の強さは固いもんですねえ。
2014/09/30(火) 21:43:11 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アビー・コーニッシュさんが出ているというので観た。
2014/09/23(火) 22:10:07 | 或る日の出来事