猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 先週観た映画 〜5/25
2014年05月26日 (月) | 編集 |
 
先々週観なかった分、結構観ちゃった感じ。
HDDの容量が少ーし空いたかな(笑)

「アステリックスの冒険〜秘薬を守る戦い(Astérix et Obélix : Au service de Sa Majesté/12)」
  フランスの人気コミック『アステリックス』原作の実写映画シリーズの4作目。
  ドパルデュー、カトリーヌ・ドヌーヴ始め、名前は覚えてないけど仏映画で観た
  俳優さんが多数。ローマはカエサル、フランスはガリアの時代なのね。
  ドタバタコメディ&ヨーロッパの人種ジョークがマンガぽく分かりやすかった。
「華麗なるギャツビー(The Great Gatsby/13)」
  タイトルだけは知っているアメリカでは名作トップにもなるという原作。
  全く知らずに観たけど、うーん、映画から名作を感じるところは特になく。
  誰にも気持ちを移入できなかったせいかな〜アメリカの時代的な感覚も。
  バズ・ラーマン監督だなあという映像や音楽はそれなりに楽しんだけどね。
  彼女の前でだけ、異様に不器用になるギャツビーとかは面白かったな。
「恋多き女(Elena et les Hommes/56)」
  イングリット・バーグマンがフランス語を!のジャン・ルノワール監督作。
  ロマコメというにはちと政情の絡みも強く退屈だけどバーグマンは美しいね。
  彼女の行動や考え方が「?」だったけどネットのあらすじを見てやっと納得。
  コクトー「美女と野獣」のジャン・マレーが出てる〜と楽しみにしたけど、
  メル・ファーラーの夜会服姿の方がしゅっとしていてかっこよかったわ。
「ディラン・ドッグ デッド・オブ・ナイト(Dylan Dog: Dead of Night/10)」
  イタリアのコミックが原作のモンスターと人間が共存する世界の話。
  こういう古きモンスター系はニューオーリンズが舞台が多いよな〜。
  いかにもハードボイルド探偵物語ぽい感じで主役語り入りの流れ。
  アンデッドの相棒がいい感じで、いかにもシリーズだけどコケたのかな…
  主役のディランは未だにスーパーマンタイプのブランドン・ラウス。
「ヒッチコック(Hitchcock)/12」
  アンソニー・ホプキンスとヘレン・ミレンでヒッチコックを描いた映画。
  「サイコ」の裏舞台もので、私財を投じての作品だったことや、
  妻アルマの存在と実力がどれだけ大きかったかも分かる。
  観客の反応を楽しむ姿辺りで、ようやくこちらもほっとできてよかった。
「ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女(The Girl/12)」
  トビー・ジョーンズ&イメルダ・スタウントンでヒッチコック描いた映画。
  「サイコ」の次作品になる「鳥」「マーニー」の裏舞台。
  ヒロイン女優への執着が露わになる話なので↑作品と比べるとうーん…
  トビー・ジョーンズはその天才の厭らしさを実にうまく出してくれてました。
「ジェーン・エア(Jane Eyre/11)」
  ミア・ワシコウスカ主演の新「ジェーン・エア」。私は三本目かな。
  過去作とはちと視点を変え、人生の岐路から過去をフラッシュバックしていく。
  だから今まであまり描かれてない神父との交流がわかるけど、過去の流れは、
  「もう知ってますよね?」と言われそうな説明不足さを感じる。
  荒涼としたイギリスの大地と湿った暗い空気感はよかったな。
  しかし過去作もそうだけど、ジェーンが美人でロチェスターがいい男過ぎ(笑)
「エイリアン バスターズ(The Watch/12)」
  ベン・スティラー主演、他コメディ界でよく名前を聞く面子のSFコメディ。
  エイリアンという要素が必要なのかどうなのか微妙なところではあるけど、
  小さな町でダメ男達が地球の為に戦う…って、ある意味セオリーSFものかも。
  コストコが舞台て珍しいなあと思ったけど「何でも揃うから」なのか、と(笑)
「人生はノー・リターン 〜僕とオカン、涙の3000マイル〜(The Guilt Trip/12)」
  バーブラ・ストライサンドとセス・ローゲンの母子ロード・ムービー。
  えらく説明的な邦題がついてるけど、確かに「オカン」といいたくなる母。
  その息子を愛していて庶民的ておしゃべりな母親バーブラが、何とも愛らしい。
  そしてセス・ローゲンはコメディ色を消し、本当にダサく面白みのない息子。
  お互いの秘密を話し、打ち解け、気持ちを通わせていく流れは王道でもほっこり。
  予想外に終始「バーブラって可愛い!」という目で観てしまった映画でした(笑)

先週は、9Movie(Total 65)。


そろそろホットカーペットを入れることもなくなりましたにゃ。

140526_1.jpg

「ほっこり」

140526_2.jpg

「ほこほこ…」

140526_3.jpg

「んにゃ」

てんちゃんも日の入る部屋に行くようになりましたにゃ。
 


コメント
この記事へのコメント
「恋多き女」バーグマンがフランス語!ですよねー。もともと北欧の方だし、バイリンガルうらやましい。
「ヒッチコック」はスカヨハ出てたので得したー!
「ジェーン・エア」たしかに美男美女なキャスティング…映画だからねー。客を呼ぶ必要もあるし。

我が家は「シュガーマン 奇跡に愛された男」「さよならドビュッシー」「ヒドゥン・フェイス」「ティンカー・ベルと妖精の家(字幕)「ティンカー・ベルと妖精の家(吹替)」の5本、計48本にゃ!
同じ映画を2回見ても回数に数えるのにゃ!
2014/05/27(火) 06:30:10 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
私は「アイスカーペット」とか「床冷房」とかがあったら欲しいんですが。「ひんやりマット」なんてのがあったかな?買ってませんが。

と、汗をかいてる私ですが、ニャンコさんは日向ぼっこですか?…今は日向には出たくないなぁ…
2014/05/27(火) 23:29:12 | URL | たけし #sBveMxbI[ 編集]
>ボーさん
最初は「吹替?」と思ったんですけど、数カ国語喋れる方なんですね、美女で知的!
スカヨハ知らなかったのは驚きました(笑)
そしてうん、映画はやはり美男美女でないと映えないですもんね〜こんだけ作られてたらひとつくらい原作通りもいいんじゃ?とつい思いつつ。
同じ映画をカウントは私もしとりまーす!(^.^)

>たけしさん
たけしさん、どんだけ暑がりー!
…と思ったら、うん、アイスカーペットとかいいですね…な普通に夏日になってきましたね、あつっ。
我が家ではまだてんこがホットカーペット(弱)で寝てます。
2014/05/31(土) 12:07:11 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
にゃんこはホントに寒がりなんですね
私はフローリングの床に腹ばいて寝そべりたい気分です!
六月になったばかりだと言うのに暑過ぎる~
2014/06/01(日) 23:51:56 | URL | おくにゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
イングリッド・バーグマンさんがフランス語を喋り、ジャン・ルノワール監督作品に。
2014/05/27(火) 06:17:54 | 或る日の出来事
この映画を見ると、「サイコ」の驚くべき大きな、大事なネタが、ひとつ分かってしまう。 だから「サイコ」を未見の方は、「サイコ」を見てから「ヒッチコック」を見る、という順番にしたほうがいいと思う。
2014/05/27(火) 06:18:34 | 或る日の出来事
ミアちゃん、やるじゃん!
2014/05/27(火) 06:19:33 | 或る日の出来事