猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 先週観た映画 〜2/23
2014年02月25日 (火) | 編集 |
 
少し暖かくなってきました。
でもまたすぐ寒くなるようで…

「フランケンシュタイン-B(National Theatre Live: Frankenstein/11)」
  先週と逆のジョニー博士&ベネディクト怪物バージョン。他は同キャスト。
  しかしやはり主役が違うとそれぞれに感じる所が微妙に違ってきて面白い。
  思っていた以上にこちらの方が笑いが起こっていたり…
  そういう劇場の空気感を少しでも感じられるのもいいなあと思った。
「バベットの晩餐会(Babettes gæstebud/Babette's Feast/87)」
  何かの紹介で見たのか、随分前から観たいと思っていた映画。
  デンマークの貧しく敬虔な老姉妹の元で黙々とメイド仕事をするバベット。
  彼女に宝くじが当たり、そのお金で自由に晩餐を作らせてと願われた事から
  解ってくる過去や現在の人々の繋がり…晩餐シーンでは唯一味の判る人が、
  いてくれるお陰で素晴らしさが分かったけれど、劇的な変化はないのね。
  でもほんのりとした幸福がそこに残った。ほぼ自己満足の域なんだけど、
  それがかっこいい。「貧しい芸術家はいません」とは残る言葉であります。
「推理作家ポー 最期の5日間(The Raven/12)」
  エドガー・アラン・ポーの最期の5日間は実際に謎で最後の言葉も同じらしい。
  ネタバレな邦題ではありますが、彼の小説を基にした連続殺人はスリリング。
  「モルグ街の殺人」「赤死病の仮面」は読んだ事があるけど、
  「マリー・ロジェの謎」「ヴァルドマアル氏の病症の真相」
  「アモンティリヤアドの酒樽」「告げ口の心臓 」は全く知らなかったな。
  ラストのラストはこの映画なりの解決的終わりですね。フィールズ警視熱い!
「イラン式料理本(Iranian Cookbook/12)」
  監督が周囲のイラン女性(母、妻、妹、叔母、義母など)の台所風景を撮る
  という、ちょっと変わったドキュメンタリー。最初は「?」と思うけれど、
  段々と彼女達を囲む環境や男性陣、ぽろっと出る本音などが興味深い。
  それにしても大人数の台所仕事の大変な事よ。スパイスの多さもすごかった。

先週は、4Movie(Total 22)。


我が家は揃った晩餐はできませんね…
水を飲む時くらいはなんとか隣りにいるかな。

140225_1.jpg

「ぺろぺろぺろ」
「………」

140225_2.jpg

「んー?」
「………」

まあ、しょうがなく、って感じだけど(^_^;)

140225_3.jpg

「あたちはいつも楽々とひとりにゃーん」
 


コメント
この記事へのコメント
ポーです。あ、間違えた、ボーです!
「最期の5日間」は、まあまあですかねー。
「バベット」は、すごく良かったなーと。TBしたにゃ!
我が家は…18本のままにゃあ!
2014/02/26(水) 07:50:25 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
これは何とか側にいるのではなくて、まりちゃんが動くのが面倒だから「ちょっとの間待つか」の顔でしょう
ほんとに嫌そうで笑えます
2014/02/26(水) 10:36:53 | URL | おくにゃん #-[ 編集]
てんちゃんは毎日「おひとりさま」を満喫しているようで。まりちゃん・らむちゃんペアは…いろいろ微妙ではありますが…。
2014/02/26(水) 23:02:23 | URL | たけし #sBveMxbI[ 編集]
>ポーさん…じゃなくてボーさん
(↑小さいフォントだとほとんど解らん〜(笑))
TBありがとうございます♪ボーさんは映画館で見てたんですね〜!
そして珍しく一本も観られなかったようで…これは先を行く機会?なんて(笑)

>おくにゃんさん
あっははは、そうですそうです、ほんとそんな感じ!(笑)
ビミョーに身体を傾けてるのが分かりますよね〜嫌々な空気が…

>たけしさん
はい、てんちゃんはおひとりさま満喫ですね〜。
一階のペアも実はおひとりさまが好きなんでしょうが…しかたない!(笑)
2014/03/01(土) 21:56:45 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
静かで美しく、押しつけがましくなく。 バベットの気持ちに感動。 こんなに、いい映画だとは思っていませんでした。
2014/02/26(水) 07:46:45 | 或る日の出来事
ポー、好きです。私がボーだから…ってことではないですよ。
2014/02/26(水) 07:47:05 | 或る日の出来事