猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 先週観た映画 〜11/18
2012年11月20日 (火) | 編集 |
 
寒くなってきました。
もう起きた時から暖房つけちゃってます。

「エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事(The Age of Innocence/93)」
  19世紀ニューヨークが舞台のクラシカルに秘めたラブロマンス、かな。
  当時の限られた上流階級の様子が、数ある英国物と違ってたりもして、
  貴族の習慣にはこういうのがあるのね…とかその辺を楽しんでしまった。
  憎める人がいない所が切ないね。海と灯台のシーンとラストが印象的。
「クラバート 闇の魔法学校(Krabat/08)」
  魔法学校…という邦題のサブでそういうファンタジー?と思ったら違った。
  学校というよりも特殊な秘密集団だね。ヴェンド人のクラバート伝説を
  元にした原作を映画化した作品で、本国ドイツでは大ヒットしたとか。
  そして「千と千尋の神隠し」にも影響している作品らしい。なるほど…
  地味で過酷で謎が続く部分は辛いけども、事情が分かって物語が動くと
  ドキドキと面白くなっていった。希望も見えてくるしね。
  でも風習やしきたりなどもあり本でしっかり読んだ方が面白そうな雰囲気。
  クラバートとトンダの俳優さんは、他で色々観た事ある顔でしたな。
「モリエール 恋こそ喜劇(Molière/07)」
  17世紀のフランスの喜劇作家モリエールの若き頃の回想。
  微妙な恋愛も絡みつつ、軽快に話が進んでいって面白かった。
  喜劇と悲劇の境目とその観せ方、意外と表裏一体だったりもすると。
  ロマン・デュリスを始めとする俳優陣も個性的で面白いながら、
  女性、特に夫人役のラウラ・モランテがキレイ。52歳とは…!

先週は、3Movie(Total 114)。


我が家で喜劇と言えば…

121120_1.jpg

「あたち?」

121120_2.jpg

「そーかにゃー?」
 


コメント
この記事へのコメント
「エイジ・オブ・イノセンス」は、あんまり覚えてないけど、年間ベストに入れてあります。TBしちゃった。
我が家は「ボディ・ハント」1本で、計128本ら!
2012/11/20(火) 22:46:42 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
らむちゃんは名コメディエンヌです。アクション系の。
いろんな意味での悲劇のヒロインはやはりまりちゃんかと。ええ、コメディエンヌさんに狙われたりと。
2012/11/21(水) 23:38:33 | URL | たけし #sBveMxbI[ 編集]
>ボーさん
あんまり覚えてないんですかーっ(笑)
とはいえ1995年なら確かに前過ぎるかも(^_^;)
本数はやはり追いつけそうにないっ。

>たけしさん
そうそう、何かしらのアクションがあるのがらむですね(笑)
mっっっっっっっっっっっっっっっ
↑などと打ってたららむにキーボード踏まれました。おう。
マリも確かに…w
2012/11/22(木) 23:07:42 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
うん。そうそう。らむがいないと盛り上がらないぞ!
2012/11/25(日) 22:03:37 | URL | おくにゃん #-[ 編集]
>おくにゃんさん
ホント、らむが起きているか寝ているかだけでも、家の雰囲気がワントーン違う感じです(笑)
2012/11/26(月) 21:33:24 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
各年のマイ・ベスト・ムービーを、記事にしていく企画。(ワースト・ムービーがある場合も。) どんどんさかのぼって、今回は1995年。
2012/11/20(火) 22:44:41 | 或る日の出来事