猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 先週観た映画 ~9/11
2011年09月12日 (月) | 編集 |
 
今回は二週間分!

「シーサイドモーテル」10
  山奥のモーテルで4組11人の男女が絡むようで絡まないような一夜の話。
  騙し騙され、本音を見たり人生が変わったり…そう来るか、という感じで、
  笑いつつも最後はどうなるかと思ったら、もの悲しさも残り。
  麻生久美子さんはやっぱりいいよね~決め台詞が可愛かった(笑)
「黒いチューリップ」La Tulipe noire/63
  アラン・ドロンが双子を演じるフランス革命直前の時代のコメディ。
  デュマ原作になっているけど、あらすじを見る限りは全然違うなー。
  黒いチューリップという名で貴族を襲う正体不明の盗賊がギヨーム伯爵。
  顔に傷を付けられた事で、双子の弟に代役を頼み…そこから革命に向かう。
  兄の方はワイルドでかっこいいんだけど、弟が内気で可愛いね!!(笑)
  そういうアラン・ドロンを楽しめたりして。一心同体の馬がまたいい。
  願わくば、ラストまで完全なるコメディ展開で行って欲しかった。
「遠距離恋愛 彼女の決断」Going the Distance/10
  ドリュー・バリモア主演のラブコメはなんだか安心して観れます。
  ジャスティン・ロングがすっかりラブコメ主役俳優になって驚くこの頃。
  NYで出会った二人が西海岸との遠距離恋愛になり…と意外とベタに、
  遠距離恋愛を描いていつつ、周りの友人や姉たちキャラがまた面白く。
  クリスティナ・アップルゲイトが潔癖症な姉なのね。
「屋根裏のエイリアン」Aliens in the Attic/09
  夏休み向けっぽいファミリー向けSFコメディ。バカンスで来た貸別荘。
  その屋根裏に地球征服を狙う緑の小さい4人組エイリアンがいて、
  子ども達が力を合わせて知恵をこらす。末っ子のおちびちゃん可愛いなあ。
  エイリアンに操られる姉の彼氏の演技が一番大変だなーと思ったり(笑)
「スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団」Scott Pilgrim vs. the World/10
  エドガー・ライト監督で楽しみにしてました。カナダのコミックが原作。
  いやー、思った以上にぶっ飛んだ作りだった(笑) アクションシーンすごい!
  特典にコミックとの比較画像を見て、すごく忠実に作られていると分かって
  びっくりした…けど、そんなに人気のある理由は分からないな、ははは。
  スコットのルームメイト、gayのウォレスが良かったな。カルキン君の弟!
「英国王のスピーチ」The King's speech/10
  現英女王エリザベス2世の父ジョージ6世の物語でアカデミー賞受賞作品。
  指導するライオネル・ローグは役者なのね、先日のヒトラーをちと思い出す。
  彼の本が原作らしいのでスピーチの為に吃音を直す行程が主軸なんだけど、
  その時代と英国王室の事なんかも伺い知れて、そこも面白かった。
  兄のエドワード8世は一旦、王になってから退任したとか知らんかったし。
  ガイ・ピアースがコリン・ファースの兄ってのはどうなの…と思いつつ、
  やはりそれぞれの役がすごくよかった。王室ものちょい観たくなったよ。
「ウルフマン」The Wolfman/10
  ベニチオ・デル・トロ主演。結構スタンダートな狼男話だなーと思ったら、
  ちゃんと1941年映画のリメイクなのね。暗く作り込まれた画面と風景で、
  アンソニー・ホプキンスも不気味、エミリー・ブラントはキレイでした。
  アカデミーを獲ったメイクアップは期待した雰囲気ではなかったな…
「ジェヴォーダンの獣」Le pacte des loups/01
  「ウルフマン」で「ジョヴォーダンで作った杖」などと出て来て、
  そういえば録ってあった、と続けて観た。こちらは完全フランス映画。
  史実を元にしながら、曖昧な部分を新しく話を補完して…という感じだけど、
  いやいや盛りだくさん過ぎませんか?(笑) 特に主人公フロンサックの相棒、
  アメリカ原住民のマニのお陰でカンフー的アクションあり(かっこいい!)、
  スピリチュアルあり、ラストには影響を受けたのかフロンサックが急に、
  ランボーのようになってますがな。他にもロマンスあり、裏のある美女あり、
  クセの強い敵キャラありと、2時間以上たっぷりな娯楽作だね、ははは。
  音楽も悪くないね、↑映画が暗い画面だったので明るい画面もよかった。
「怪盗グルーの月泥棒」Despicable Me/10
  吹替で観ました。グルーが鶴瓶でなかなか合ってる。浜ちゃんのシュレック同様、
  私は結構好きだな。悪党グルーが月を盗むという目的を達成する為、
  三人姉妹を施設から引き取り…とそこから三人に心が移って行く所がやはり、
  微笑ましい。あと、バナナからできた下っ端ミニオン達が楽しいね!
  しかし原題は邦題と随分イメージから違うなあ。

今回は9Movie(Total 111)。


我が家の獣たち?

110912_1.jpg

「ふにゃ」


110912_2.jpg

「ふにゅ」


110912_3.jpg

「ふーん」
 


コメント
この記事へのコメント
「黒チュ」は観てないなあ…。「英国王」も。
「ジェヴォーダン」は懐かしい。
我が家は「エイリアン」「キャリー」「グリーン・ランタン」とかで、計54本!
みんな獣っぽい映画ともいえる!?
2011/09/13(火) 07:41:06 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
観てみたい映画がたくさん。
黒いチューリップは以前観たけれど 全然覚えてないので
もう1回観るかな。
2011/09/13(火) 09:11:56 | URL | Nanakona #V5TnqLKM[ 編集]
「獣」と呼べるのは一匹くらいじゃ・・・
だれにゃ?
2011/09/13(火) 09:59:18 | URL | おくにゃん #-[ 編集]
まおさんトコの快獣は可愛獣であって、たまに壊獣な子もいるんですよね。…あの子はナマ獣(ナマケモノ)かな?
2011/09/13(火) 10:24:38 | URL | たけし #-[ 編集]
>ボーさん
結構観てないのがありましたか~。
ボーさんの方はほんとだ、ケモノっぽいかも?!(笑)

>Nanakonaさん
おお、気になる映画がありますか?
黒いチューリップ、私は全然知らなかったので新鮮でした。
アラン・ドロンも若くてかっこいい!

>おくにゃんさん
「獣」は…ライオン色のヤツ…?なんて(笑)

>たけしさん
またウマイっ(笑)
怪獣ならぬ可愛い獣であって欲しいものでありますv
2011/09/14(水) 22:28:49 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ううむ…ソツがない。
2012/01/21(土) 11:29:50 | 或る日の出来事