猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 先週観た映画 ~1/30
2011年01月31日 (月) | 編集 |
 
ドラマを優先して観ていたら、映画が貯まってしまったので、
ちょっと週末に集中して観ました。
製作年数も内容も、なんだか新旧入り交じった感じになった(笑)

「DEATH NOTE the Last name」06
  放送していたのを、つい観てしまった。原作を前半とラストだけ読んだので、
  ちょうど知らない部分だったんだよね。ラストは原作とは違うらしいですが…
  それに松ケンのエルが観たくて!(笑) うーん、合ってる合ってる。
  死神も思ったより違和感ないし、なかなかうまくまとまってました。
「メトロポリス」Metropolis/27
  無声映画かと今更驚きつつ「現代のSF映画の要素が全て詰まっている」
  と納得できた作品。なんと今観られるのはツギハギのものなのね。
  消失した部分は合間にト書き字幕で継ぎ足して話を繋げてくれていました。
  有名なアンドロイド姿はヒロインそっくりに変わるのかあ…その辺、
  性悪でぎこちない演技も分かりやすく、対比も際立っていましたね。
  歓楽街の名前が「ヨシワラ」でちょっと笑ってしまった(笑)
  ロック調の音楽を合わせたというジョルジオ・モロダー版も観たいなあ。
「GOEMON」09(WOWOW)
  紀里谷監督・第二弾であります。豪華キャストと凝り凝りの映像は変わらず。
  衣装もかなり凝っているのに、それがCGで良く見えんのはちと残念。
  でもアクション・エンタメ度が上がった気がしますね~面白かったです。
  しかし江口もかっこいいけど、一番かっこいいのは大沢たかおでしたね!
「ラブ・ダイアリーズ」Definitely, Maybe/08
  ライアン・レイノルズのラブコメ。離婚直前から始まって、娘にねだられ、
  過去の女性遍歴を話しながら、その三人の内の誰が母親なのか?…と、
  こちらも気になる形式で結構引き込まれました。それが誰か分かってからも、
  ひとひねりのラストがあって良かったな。そうそう「ジェーン・エアの本を
  集めてしまう」というエイプリルのエピソードはすごく良いなあと思った。
「アンドロメダ…」The Andromeda Strain/69
  マイケル・クライトン原作・ロバート・ワイズ監督の医学・理科学派SF。
  有名ではない俳優さんでドラマ性よりも、実際に起こり得る危機として、
  みっちりしっかり淡々と描いてくれます。とはいえキャラもいいんですが。
  (今なら、絶対若い美人科学者がこの中に入るよね)
  地下研究施設とそこに至るまでの滅菌殺菌過程が専門的ですごい。
  施設などの特撮はさすがのダグラス・トランブル、今観ても遜色なくクール。
「BALLAD 名もなき恋のうた」09
  クレヨンしんちゃんの映画を原作にした、実写タイムトリップ映画。
  ここでも大沢たかおが一番かっこよかったです(笑)
  全体的に華美さがなく、地味で朴訥とした風景や城・戦いの様子は、
  実際って、こんな風だったんだろうな…と感じさせてもらえてよかった。
「第三の男」The Third Man/49
  ツィターのメロディがとにかく有名で、それだけ聴いていた時には実は、
  お気楽なコメディの映画だと思っていた。エビスビールのCMのせいか…
  でも実際は全く違うシリアスな、第二次大戦後のウィーンの話。
  最初に破壊された街並みと米英仏ソの四ヶ国による四分割統治下の様子が出て、
  それだけでも全く知らなくて、何がタイトルに繋がるのかも「?」だった。
  でも分かってくると、かなりハラハラとのめり込んでしまいました。
  オーソン・ウェルズは少ないながら、存在感が抜群だなあ…
  光と影の効果的な映像美という評判の通り、ハッとさせられるシーンが多い。
  特に夜や地下道で、明る過ぎず暗過ぎず、ドラマティックに映される所。
  ラストの有名な木立のシーンはそういう場面だったのか。せつないなあ…

先週は、7Movie(Total 15)


第三の猫…?

110131.jpg

「うぬ?」
 


コメント
この記事へのコメント
『メトロポリス』は音無バージョンをご覧になったんですね。この世界観が近現代SFの元となってるのは、地上の描写などを見ると納得です。今見てもモダンでカッコいいです。マリア役の方の聖女・悪女の演じ分けも見事です(悪女というか悪ロボット?)。ロック音楽のバージョンは、カットされた(と思われる)場面もいくつか見れて、さらに部分彩色も施され(簡単な感じです。今の技術ならもっと細かく色がつけれますが。)、楽曲とそのシーンもマッチしていて、ミュージックビデオ感覚で楽しめますよ。DVD、多分出てるかと思います(未確認)。マリリンの無名時代の映画『熱き夜の疼き』の監督フリッツ・ランクの作品ですし。

第三のにゃんこはいろいろミステリアスな面がありますよね。過去のいきさつとか。
2011/02/01(火) 02:13:32 | URL | たけし #sBveMxbI[ 編集]
「第三の男」は、見ておいて損なしの名画です。見てくれてよかったよかった!
「メトロポリス」、一度放送延期になってたけど、録画してあります。今週末に見るかどうか。

わが家は「悪夢探偵」「悪夢探偵2」「オーケストラ!」「アンストッパブル」の4本、計10本!

第三の猫は、性別不明…?
2011/02/01(火) 07:55:53 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
>たけしさん
本当に薄れないかっこよさと描写でした!
ロック音楽バージョンは彩色もされているんですか。
そういえばオペラ座のサイレント(1925年)版もちょっと簡単な彩色があったなあ…そんな感じかと想像しつつ。
DVDで観られたら、いつか観てみたいです~情報ありがとうございます♪
そう、第三の猫は過去が謎でミステリアス…(笑)

>ボーさん
やっぱり名作は観るものですね~というか、この年で観るからそう感じられるのかもとも思い、できるだけ観たいなあと思います!
そうだ、第三の猫は性別もミステリアスだった(笑)
2011/02/02(水) 20:14:44 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
まさしく第三の猫!次回の動画はチターのメロディーに載せてお願いします!
2011/02/02(水) 23:18:08 | URL | おくにゃん #-[ 編集]
>おくにゃんさん
語呂的にもぴったりな謎の猫?(笑)
やっぱりこの音楽は動画に合いそうですよね!
2011/02/05(土) 22:31:50 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック