猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 先週観た映画 ~1/23
2011年01月24日 (月) | 編集 |
 
そういえば先々週は観なかったんだな…
という訳で、今月二回目の集計。

「ベニスに死す」Death in Venice/Morte a Venezia/71
  有名すぎる名作だけれど全く初めて観ました。タジオが本当に美少年!
  観ている方も主人公と画面の中の彼の姿を探して追ってしまうほどです。
  今はどうしているのかと検索したら、50歳くらいの彼が見られました。おお。
  老作曲家の想いは儚く哀しいけれど、最期の気持ちは安らかだったのでは。
「コレラの時代の愛」Love in the Time of Cholera/07
  続いてコレラの時代とストーカー繋がりの映画を、なんて。
  半世紀の純愛物語という見方もあるけど、なんというか…奇想天外さに、
  一種の笑いを感じつつ観てしまった。「すごいぞ、この人」という驚きで(笑)
  そんな50年を演じるハビエル・バルデムが納得させてくれるキャラですごい。
「ボルト」Bolt/08
  吹替で観ました。ボルトの声が佐々木蔵之介で渋っと思ったら、元の吹替は
  トラボルタなのですね~。いや、あまり期待してなかったんですが面白かった。
  最後はほろりとしてしまいました。猫のミトンズのキャラもいいね!
  でもとりあえずハムスターが一番すごいと思います(笑)
「アデル/ファラオと復活の秘薬」Les aventures extraordinaires d'Adèle Blanc-Sec//10
  女性版インディ・ジョーンズ!と思っていたものの、想像よりすごかった。
  冒険ファンタジーに強引で王道な笑いあり…いやそれが面白かったv
  完全にフランス映画で、後の舞台がほとんど20世紀初頭パリなのも嬉しいです。
  アデルのキャラも強烈で利己的で猪突猛進できっぱりとしていて楽しいね(笑)
  ラストの引きも含めて、ぜひ続編もやってほしいですねえ。
「南極料理人」09
  これも期待した通りにくすくすと楽しく笑える映画でした。
  極限の世界で専門的な仕事を黙々とこなすおじさん達の苦労は計り知れない。
  でもこの映画では、そんな部分をひょいと越え「愛すべき阿呆達」的な部分を、
  一種ほのぼのと描いてくれていて、最期までにこにこと観ちゃいましたね。
  ラーメンとおにぎりが食べたくなるかな?(笑) 

先週は、5Movie(Total 8)


110124.jpg

「南極の氷っておいしいのかにゃ…」
 


コメント
この記事へのコメント
なかなか見ていますねぇ。今年も負けそう。
うちは「ショウほど素敵な商売はない」「紳士は金髪がお好き」「愛する人」の3本、計6本にゃん!
2011/01/25(火) 09:05:35 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
美少年が成長して美青年になったとしても、その後、美中年・美老人になるかは…期待しないほうがいいかと…現在の姿を知って切なくなるパターンのほうが多いです。

まりちゃん、冬でも氷がお好きですよね。だと「まり Like It Ice」…かな?「冷たいのがお好き」!
2011/01/25(火) 23:47:40 | URL | たけし #sBveMxbI[ 編集]
>ボーさん
うはは、ほんとに本数だけ~ですけど(笑)
ボーさんは愛しの人が出る映画ばかりですね?v

>たけしさん
子役スターは特にその傾向が強いですよね…
彼はまあなんとなく納得できる部類の老け方でした(笑)
マリはまさに「冷たいのがお好き」!
らむとはいろいろと逆かな…
2011/01/26(水) 21:34:42 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック