猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 先週観た映画 ~11/14
2010年11月15日 (月) | 編集 |
実は映画館にも行ったんですが、
映画ではなくコンサート映像を観て来ました。
「レ・ミゼラブル25周年コンサート」。
いやあ、良かったですv

「映画版ねこタクシー」10
  ドラマ版を観ていたので、劇場には行かなかったけどレンタルを待ってましたv
  キャストは同じながら思ったよりも物語は違う流れで、室井滋や芦名星などの
  新キャラ達がかなり深く関わって「え、こんな事に?」という展開になったりも。
  まさか本気で資格を取ったりするとは思わなかったなあ。
  仔猫のこむぎ(茶トラ長毛マンチカン)が可愛くてヤラレます(笑)
  家族との葛藤は少ないかな?と思いつつ。ラストはこっちの方が好きです。
  そして走っている場所が知っている所が多く、それも楽しかったですにゃ。
「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」06
  寒い時期に真夏の映画を観てしまいました、ははは。
  期待していたよりも面白かった! 子役も大人達もそれぞれが合ってて、
  子供ながらの勝手さや葛藤なんかも、すごく「うんうん」と笑えて泣けた。
  幽霊対決となってしまったラストが冗長で、CG入りのラストカットも長くて、
  エンドロールのサンボマスターの歌は急に出てきた感…なのは、ちと残念。
  いや、良かっただけに、ラストに余韻が貰えなかったのだ、すみません。
「サブウェイ123 激突」The Taking of Pelham 123/09
  「サブウェイ・パニック」のリメイク。と言ってもそっちは観ておりませんが。
  デンゼル・ワシントンとトラボルタはそれぞれに合ったキャラという感じ。
  人質の乗客ドラマ等よりもやはりこの二人の対決といった風であるので、
  現代らしくビデオ・チャット等も出てきたけど、思ったほどは活躍せず?
  うーん、トラボルタのラストへの心理がはっきりと解らない所が少しモヤモヤ。
「ディアボロス 悪魔の扉」The Devil's Advocate/97
  弁護士モノのように始まりつつタイトルのようにオカルティックなサスペンス。
  キアヌ・リーヴスにアル・パチーノにシャーリーズ・セロン(若いっ)。
  ニューヨークの高層からの絶景や広々とした室内建築などが明るく印象的で、
  よくある変なメイクやCGの多いドロドロとしたオカルトさは殆どないのね。
  でもアル・パチーノは怪演ですね(笑) ラストも良いと思います。

今回は、4Movie(Total 120)


猫タクシー…?

101115.jpg

「もちろん代金はタダにゃ?」
 


コメント
この記事へのコメント
ダメですよお~まりちゃん。
その乗り心地を楽しんでると、またお腹の脂肪が1センチ厚くなってしまいますよ~
2010/11/16(火) 23:13:17 | URL | おくにゃん #-[ 編集]
「レ・ミゼラブル」のコンサートって?
「ディアボロス」は見ました。シャーリーズが出ているんですよねっ。

我が家は「マチェーテ」のみ。計102本!
あー、引き離されてきた。
2010/11/16(火) 23:42:16 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
タクシーというより「人力車」では…?そして、そのままオナカが大きくなると「ネコバス(byトトロ)」みたいになっちゃいますよ!
2010/11/17(水) 10:51:48 | URL | たけし #sBveMxbI[ 編集]
>おくにゃんさん
ね~、ただでさえ動かないのに…
でも今は、てんちゃんの方がむっちりかも(笑)

>ボーさん
レミゼはロンドンの舞台のミュージカルが25周年で、
そのキャスト達が歌ったコンサートの映像だったのでしたv
「ディアボロス」ってDVDは廃盤なんですよね、放送でやっと観られた感じです。
シャーリーズは本当に若くて可愛かったですね~♪
ボーさんはまた劇場ですな?!

>たけしさん
じゃあ、人力タクシーと言うことで?(笑)
おおお、マリがネコバスになってくれたら、ふっかふかで気持ちよさそう…!
2010/11/17(水) 21:33:18 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック