猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 先週観た映画 ~10/31
2010年11月01日 (月) | 編集 |
狙った訳ではないけど、似た映画(最初の二本)が続いた?

「スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師」Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet/07
  気になりながらもすらりと切るシーンが苦手なので映画館スルーしていた。
  レンタルになったも温めておいて(?)、やっと観ました。観る前から、
  よくこんなブラック話がミュージカルにまでなってるな~と思ったけど、
  なんだかロンドンという土地柄に妙に合っている感じもしてしまいました。
  モノトーンにも近い暗い映像の中で、冒頭からそんな歌が入りますね。
  しかし見事にジョニデ=トッドは縦線が入っていそうな陰気さだった。
  ラベット夫人の夢のシーンで鮮やかにカラーになるけれど、同じ顔(笑)
  ラストはそう来るのか…若者二人を最後に見せてくれたら良かったかも…
  と思うけど、狂気のなれの果てという寂寥感が強く残るのがいいのかな。
  すぐに再度観たくなる気分にはなれないけど、歌はもう一度聴いてみたいな。
「デリカテッセン」Delicatessen/91
  何故かずっと、ダークでグロい↑よりも悲惨なドイツ映画だと思っていた。
  でも舞台は核戦争後のパリのある一軒のアパートだけの話と言っていい、
  とてもファンタジーなフランス映画でした。「アメリ」の監督と聞いて納得。
  ブラックな話には違いなく、個性的過ぎるキャラクター達が濃いったら濃い。
  メイキングで普通に撮られた現場の映像があって、これがあの映像になるのか!
  という面白さも。映像はやはり、凝りに凝ってるよねえ。
「ゴーストたちの恋愛指南!」Ghosts of Girlfriends Past/09
  現代の女たらし版「クリスマス・キャロル」。マシュー・マコノヒーと、
  ジェニファー・ガーナー、マイケル・ケインとなかなか豪華な俳優陣なのだ。
  三人の過去・現在・未来の幽霊が現れて、彼を改心させる…という、
  ラストが見えつつもそこが安心して観られるラブコメでした。
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」My Blueberry Nights/07
  ウォン・カーウァイ監督初の英語作品でノラ・ジョーンズも初主演。
  「恋する惑星」「天使の涙」辺りが好きですが(てか他に観てない?)、
  なるほど、映像世界は変わらず同じ監督らしいなあと思える作りでした。
  ロシア語で「鍵」というカフェの店員ジュード・ロウがいい人過ぎ!(笑)
  20代に見えるくらい可愛くなってたよ。金城武の役回りかな、という。
  別れた彼が忘れられず1年近く旅に出てしまうエリザベスを待つジェレミー。
  旅の中で大きな二つの愛と別れの形を見て戻って…ポスターにもなっている、
  ラストのキスは良いですね。思ったよりも女優陣も強い、可愛い話でした。

今回は、4Movie(Total 115)


ちょっとウォン・カーウァイ風?なんて。
たまたま撮れました。
別猫みたい!

101101.jpg

「てんですよ…」

少~し、名前を覚えてくれた気がする。
 


コメント
この記事へのコメント
うん、スタイリッシュな猫画だ!(…?)

「とっど」は、観たあと1曲も覚えてません。1回観ただけじゃ覚えないともいえますが…。

わが家は「マザーウォーター」「十三人の刺客」「ニュームーン トワイライト・サーガ」の3本、計100本!
珍しく、すべて感想文はブログに記入済み。
2010/11/03(水) 16:44:31 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
>ボーさん
っぽい感じですよね!なんて(笑)
さすがにミュージカルの曲も一度聞いただけでは覚えられないですよね。
ボーさんはもう一度はないかな?(^^ゞ
そして今週は全部劇場でしょうか?
おお、100!!
2010/11/03(水) 20:59:49 | URL | まお #wMURzdEY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
期待はずれ。 バートン=デップのコンビだから期待しすぎなのかもしれないが、ただ原作をこなしていった、だけのような印象を受けた。 舞台版よりも、いくらか曲数は少ないようだが、その歌にしても魅力なし...
2010/11/03(水) 16:47:42 | 或る日の出来事
ウォン・カーウァイ、初体験。 なるほど。こういう、おしゃれっぽい映像をつくるんですね。 人物や電車のコマ送りみたいな動き(電車は光の流れのようにもなる)や、店の外から内側を撮って、文字の書かれた窓越しに人物を映すとか。
2010/11/03(水) 16:49:55 | 或る日の出来事