猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 先週観た映画 ~9/27
2015年09月29日 (火) | 編集 |
 
スーパームーンでしたねえ。

150929_1.jpg

私のスマホではこれが限界…


「アナと雪の女王(Frozen/13)」
  みんなで歌おうバージョン、てどんなかなーというので録画しておいた。
  カラオケのように歌の字幕の色が変わる仕様なのね。
  ちゃんと文字が表示されると「こういう言葉か」と解ったりもしたかな。
「DEBUG/ディバグ(Debug/14)」
  無人になった宇宙船のシステム復旧にきたハッカー囚人6人と監視官。
  彼等はその密室で船のAIに操作されるように死を迎え始め…
  密室SFスリラーね。後半のAI内での闘い方なんかはなかなか面白いが、
  ちと難解で分かりにくい。まあラストの転換は後味もよくて良かった。
「ステイ・コネクテッド~つながりたい僕らの世界(Men, Women & Children/14)」
  SNSを切り離せない現代の家族、友達、恋人たちの群像劇。
  顔を合わせて話せる関係なのに、今はSNSなしには難しい社会なのだ。
  ジェニファー・ガーナーが神経質で怖いお母さんだったな。
「めぐり逢わせのお弁当(Dabba/13)」
  間違う確率は600万分の一というお弁当配達が間違ったことから始まる物語。
  インドの通勤・お弁当が面白いが、あれで間違わないって信じられん(笑)
  夫への不満に踏み込めない妻と定年を迎える孤独な男の手紙のやり取り。
  ラストはそこまで思い詰めてたの…?と思ってしまうがどうなるのだろう。
「ブルージャスミン(Blue Jasmine/13)」
  ウディ・アレン監督、ケイト・ウィンスレット主演のセレブから転落した
  女性が再生に足掻く物語。もっとコメディぽくなったかもしれない所を、
  ケイトの演技がぶち破っていたように思える。プライドと狂気。
「イン・ザ・ヒーロー(14)」
  本人もかつてスーツアクターだったという唐沢寿明主演の業界物語。
  生意気な若者の改心、かけがえのない仲間、ベテランの意地と見せ場、
  家族の再生…など、王道なので安心して観ることができましたね。
  ラストの渾身のアクションシーンやハリウッドの辺りなど、
  ちとわざとらしく感じたりするけど許容範囲。でも劇中歌とかは微妙…

先週は、6Movie(Total 112)。


我が家のスーパームーン(丸)顔といえば、これかにゃ。

150929_2.jpg

「むん」

150929_3.jpg

「おねーちゃん、かもーん!」←入ってると強気
「……」

150929_4.jpg

「信用できんにゃ…」

150929_5.jpg

「そりゃ!」
「んにゃ!」

うまく撮れてないけど、マリ目がけて手が伸びてます(笑)
 


 先週観た映画 〜9/20
2015年09月24日 (木) | 編集 |
 
シルバーウィーク終わりましたね…
ほぼ仕事でしたー。

「わたしのハワイの歩きかた(14)」
  榮倉奈々主演がガイドブック編集をネタにしながらハワイで自分探し。
  現地で暮らす高梨臨がなかなか面白いキャラ。そこに加瀬亮のキャラも
  加わると、なんだかとてもマンガ的ちっくな展開になってた、ははは。
「LUCY/ルーシー(Lucy/14)」
  リュック・ベッソンが約90分でみせるトンでも設定な世界!だけど、
  スカヨハがかっこよくて、モーガン・フリーマンは説得力があるよね。
  脳が100%まで目覚めたら…というのがよくSFで出てくる抽象的な存在、
 「進化した高次元な意識生命体」てこんなかなあと思えて面白かった。
「トレジャーハンター・クミコ(Kumiko, the Treasure Hunter/14)」
  アメリカでの都市伝説「ファーゴの金を探した日本人女性が凍死」。
  それを菊地凛子主演で実際に映画にしてしまった作品。
  前半の日本の部分が邦画として観ても違和感なくて「おお」という感じ。
  日本で人に合わせることができないクミコはアメリカでは優しい人々に会う。
  それらも通過点として我が道を通す果てには…ラストは温かく終えたかな。
  エンディングの「Yamasuki」という曲がまた不思議で調べてみたら、
  親日フランス人の作っためちゃくちゃ日本語の歌だった。

先週は、3Movie(Total 106)。


にゃん達はいつも可愛さ100%覚醒だねー。

150924_1.jpg

「きゅるん」

150924_2.jpg

「んきゅ…」

150924_3.jpg

「ん?」



 腹だしらむ
2015年09月20日 (日) | 編集 |
 
すっかりてんちゃんは腹を毎回撫でられてる度に出している状態ですが。

150920_1.jpg

「と、撮られた…」
みたいな顔になってるけど(笑)

らむちゃんも昔は腹出して寝てたりしてたのに…

150920_2.jpg

「くー」

今は腹を出させると「うぎゃー!」と怒って暴れます。
でも、時々、抱っこなら機嫌の良い時(ぼけてる時?)に、
お腹出しをしてくれますにゃ。

150920_3.jpg

「ん…」

150920_4.jpg

「むふ…」

150920_5.jpg

足の肉球と足裏が揃って見られて可愛いにゃん。
 


 先週観た映画 〜9/13
2015年09月14日 (月) | 編集 |
 
晴れても秋になってきたなーという気候になってきました。
寝ているのが気持ちいい温度ですよね〜。

「泥棒は幸せのはじまり(Identity Thief/13)」
  カードを不正利用されたサラリーマンが職までも失いかけ、
  犯人を会社まで連れてこようとするロードームービー、になるのかな。
  このカードで買い物をしまくったダイアナが最初はとにかく憎たらしい。
  まあお約束的に相次ぐトラブルにより段々と寄りそうようになるのだが。
  妨害するキャラ達の背景がイマイチ弱かったなあ。その一人が妙に
  いい声だな〜と思ったらロバート・パトリックだったね。おお。

先週は、1Movie(Total 103)。


我が家の泥棒と言えば…

150914_1.jpg

「むぐむぐ」

おーにゃんのご飯を食べるらむちゃん。
まあ、既にらむのおやつ処になってます(笑)

150914_2.jpg

「むふー」

でもここでは未だにおとなしく待って、おとなしく食べるんだよね。
幸せかにゃー?

150914_3.jpg

「うむ」

おーにゃんの顔とちょっと似てるにゃね。
 


 先週観た映画 〜9/6
2015年09月08日 (火) | 編集 |
 
去年までは残暑に困っていた気がするけど、
今年は長雨ですね…
涼しいのはありがたいんですが。

「エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる(Extraterrestre/11)」
  スペインのオフビート90分SF。「タイム・クライシス」の監督ですね。
  原題は「エイリアン」という意味らしい。出演者は5人で宇宙人の姿はなし。
  主に部屋で過ごす人間関係がメインで、舞台劇のような作り。
  ラストはハッタリだよなと思いつつ、不思議な余韻のエンディングに。
「ラブ・パンチ(Love Punch/13)」
  ピアース・ブロスナンとエマ・トンプソンによる熟年元夫婦のコメディ。
  いやあ007も老けたね〜それぞれの老けネタも多かったわ。
  ご都合な展開が満載の、お気楽に観るコメディだね。
「余命90分の男(The Angriest Man in Brooklyn/14)」
  ロビン・ウィリアムズ最後の主演作。そう思って観るとなかなか切ない…
  嫌味男が不運続きの女医に「余命90分」と言われてしまうドタバタ劇。
  1997年のイスラエル映画『Mar Baum』のリメイクだとか。
  呆然とするではなく慌てて行動するのは後悔が多いからなのか。
  自分ならどうするだろう…と思うけれどここまで動けないだろな。
「超高速!参勤交代(14)」
  老中の陰謀で5日での決死の参勤交代をすることになった湯長谷藩は…
  実在の歴史上の人物は出てくるけれど、実話ではないらしい。
  笑いもアイディアもアクションもあるエンタテイメントで楽しかった。
  参勤交代もぼんやりとしか知らなかったので、大変なのだと改めて知る。
  佐々木蔵乃介の殿様以下の範士達がよかったね。汚い銭にも泣けた。

先週は、4Movie(Total 102)。


涼しいねえ。

150908_bs1.jpg

「もう、もこもこの季節かにゃー」

150908_bs2.jpg

「ホットカーペットぬくぬくー」

150908_bs3.jpg

「猫ベッドがちょうどいいにゃ」
 


 先週観た映画 〜8/30
2015年09月02日 (水) | 編集 |
 
随分と涼しい日が続いた8月末。
またちょっとムシムシが戻るかな〜という天気になりましたね。

「ニシノユキヒコの恋と冒険(14)」
  竹野内豊演じるニシノユキヒコと彼に関わる女性達の話…を、
  10年前に一度出会っただけのみなみにササキサユリが語る形式で展開。
  つい惚れてしまう男として上手いですねえ。みなみの家が、
  見覚えがあるなあと思ったら「ヨコハマ物語」と同じ家だった。おお。
「六月燈の三姉妹(13)」
  鹿児島の昔ながらの商店街の和菓子屋の三姉妹をメインに六月燈という
  地域のお祭りも絡みながら、それぞれの事情が絡み解れていく。
  バツの多い家系で、それぞれの関係を把握するのがちと難しかった。
  泣き笑いながらも最後には皆で笑ってエンド。三姉妹それぞれよかったね。
「ルパン三世(14)」
  賛否両論あった実写化。うーん、一番の心配は黒木メイサの不二子だったが、
  まあ他のキャラも含めて観ている内に意外と慣れた。慣れなかったのは、
  明らかな吹替音声。それぞれが本人だろうけど、やはり微妙できつい。
  アクションはすごいしオマージュ的なシーンもまあまあ面白く観られた。
  後半の攻め入る様子が一番面白かったかな。でも少々疲れたわ。

先週は、3Movie(Total 98)。


涼しい日はホットカーペットも入れちゃいましたよ。
そうなるとやっぱりやって来るにゃん達。

この2匹も近くで…

150902_1.jpg

まったりと…

150902_2.jpg

寝たりして…

150902_3.jpg

しっぽが重なったー!

一瞬でしたけどね(笑)