猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 先週観た映画 〜1/25
2015年01月26日 (月) | 編集 |
 
録画を結構観ましたよ。
民放の映画放送も久々にそのまま観たり。

「ハウンター(Haunter/13)」
  同じ一日を何度も過ごしていることに家族でただ一人気づいた少女リサ。
  家に縛られたまま、少しづつ見えてく現象の原因と関わる人々…
  怖いながらも知らなければ現状を変えられないもどかしさと焦り。
  オリビアの視点ではなくリサの視点、というところが面白いのかも。
「シャニダールの花(13)」
  SFなのかファンタジーなのか、女性の胸に咲く花…という架空のものを、
  守り、育てる研究所が舞台。根拠も過程もあやふやなので「世にも奇妙な〜」の
  一篇を美しく2時間に伸ばしてみました、という印象でした。
「ガンズ・アンド・ギャンブラー(Guns, Girls and Gambling/12)」
  クリスチャン・スレーター主演の巻き込まれ型クライム・コメディ。かな。
  エルヴィスのコスプレのゲイリー・オールドマンは何だかあっさり…
  ブロンド不二子ちゃんのヘレナ・マットンはカッコよかったね!
  ラストはありがちなどんでんだけど悪くない。
「ある朝突然、スーパースター(Superstar/12)」
  平凡な(という言葉も作中問題になってたが)男がある日突然有名になり…
  「ローマでアモーレ」にあったエピソードみたいにある日突然スターになって、
  ある日突然メディアや人々の興味が変わるコメディ?かと思ったら、こちらは、
  メディアに人生を潰されるちょっとしたホラーにも感じる代物だった。
  集団心理の恐ろしさ。結局、一番知りたい部分は謎のまま…
「ルノワール 陽だまりの裸婦(Renoir/12)」
  モデルとしてやってきたデデをメインにルノワールの晩年を描いた作品。
  ルノワールの絵画を感じられるような光とフォーカスの映像が雰囲気あっていい。
  ルノワール役のミシェル・ブーケは晩年の自画像によく似てたなあ。
  後に映画監督(&デデと結婚)となる次男ジャンも描かれていて興味深い。
「江ノ島プリズム(13)」
  福士蒼汰主演の江ノ島周辺を舞台にした青春タイムトラベルファンタジー。
  ほのかに懐かしい感じがすると思ったら昔コバルト文庫で読んだ小林弘利氏脚本。
  死んだ友人を助けたい想いが時を越え…という、ちょっとした矛盾はおいといて、
  爽やかながらほんのり哀しい青春という時代と気持ちを感じる雰囲気優先。
  しかしなあ、原因は結局あの女の子のせいじゃん、と思ってしまう、ははは。
  タイムトリップものとして、他の映画もちらほら思いしつつ…
  今日子ちゃんの存在は都合の良いものだったけど、他にリンクしてんの??
「ある日どこかで(Somewhere in Time/80)」
  ↑を観ながら思いだしたタイプトリップ物のちょいムリヤリな方法といえばこれ。
  SF作家のジャック・フィニィが作品で生み出したトリップ法だったのね。
  (この映画では「フィニィ博士」が主人公にその方法を伝える)
  これも方法よりもラブロマンスと雰囲気がメインなのを分かった上で好きだけど、
  やはり方法も運命の出会いも短絡的だよなあとは思う、ははは。
「トリック劇場版 ラストステージ(14)」
  劇場版が増える度に、なんだか…な気分が増えていったのでこれも期待せず。
  海外ロケというところもね。でも観始めたら、この久々のノリに素直に笑えて、
  出し過ぎずしつこ過ぎない感じで展開も普通に観られて、最後には泣かされた…
  一話に繋がるという、わー、ニクイくらいうまいラストになってたよ。よかった。

先週は、8Movie(Total 11)。


150126_1.jpg

「テレビばっかり…」

150126_2.jpg

「観てるんじゃないにゃー!」

150126_3.jpg

「…ふにゃ…」

人間がテレビ観てると、そこがあったかくていいでしょ。

150126_4.jpg

「うむ…」
 


 先週観た映画 〜1/18
2015年01月22日 (木) | 編集 |
 
はっ、もう木曜日…

「もらとりあむタマ子(13)」
  前田敦子が父との家でゴロゴロと暮らすいかにもだる〜い23歳無職を演じる。
  そのだる〜な感じとか自意識過剰な部分とか「いそう」という日常感があるね。
  町のスポーツ用品屋さんという見たことあるけど入ったことない舞台も面白い。
  季節の移り変わりと共に、すこ〜しだけ前進が見えそうなまったりな空気。
「キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-(13)」
  「銀河鉄道999」が好きなのでハーロックはそれに付随するキャラでしか知らず、
  こんな背景があるとは知らなかった。てか、映画オリジナルなのかな??
  地球の滅亡と人類の負った業…この映画でのメイン三人のドラマが中心となって、
  そちらは分かりやすいがハーロックの目的がラストに来て「え??」という感じ。
  CG画面はなんというか、よく出来たゲーム画面のようにしか感じられずに、
  入り込むまで時間がかかった。戦闘シーンとかはすごかったね。

先週は、2Movie(Total 3)。


家でぐ〜たらするのがお仕事のにゃん達。

150122_1.jpg

「ぐーたらするのがいそがしーのにゃ!」

150122_2.jpg

「ごろごろ…」

150122_3.jpg

「まったり…」
 


 らむの水飲み
2015年01月18日 (日) | 編集 |
 
相変わらず、トイレで水を飲みたがるらむちゃん。

150118_1.jpg

「お水出してー!」

150118_2.jpg

「てちてち…」

トイレは我が家で一番寒い所。
水を出してる方も寒いのよ…

なので、らむ自身もシンクでおねだりすることもあります。

150118_3.jpg

「お水ー!」

150118_4.jpg

「ぺろぺろ…」

まあ、ここでも持ってあげないといかんのですが。
トイレで「お水ー!」と待つのは、らむも寒いだろし、
人間もめんどくさい(ははは)と思い立って、
ストーブの前に水を持ってきてあげたら。

150118_5.jpg

「こくこく…」

あら、すぐに素直に飲み始めたよ!
あったかい所には弱いね〜(笑)

150118_6.jpg

「当たり前にゃ」

相変わらず「お水ー!」と呼ぶのはトイレだけど、
ここに持ってくると飲むようになってきましたよ。
 


 先週観た映画 〜1/11
2015年01月12日 (月) | 編集 |
 
今年最初の映画は、映画館で観ました。
うーん、見応えのある作品で満足。

「インターステラー(Interstellar/14)
  ノーラン監督のハードSF。これが期待以上にハードなこだわりのある作りで、
  「2001年宇宙の旅」を彷彿とさせられつつ観念的にだけ終わらず面白かった。
  ワームホールやブラックホールが理論上とはいえ、イメージだけではない、
  現実的に考えられたという映像で迫力!5次元の映像化も興味深かった。
  相対性理論や量子論などの知識をもう少し入れて観直したくなるよね。
  クーパーがラザロなら先行の12人、マン博士は…?などと深読みさせる部分、
  人間の精神的な限界や理想の境界を考えさせられるのもよいと思う。
  それぞれの俳優も良かったけどロボットの造形とキャラにはやられたなあ。
  そしてラストが救われる流れだったのが映画的かもしれんが本当に良かった。

先週は、1Movie(Total 1)。


にゃん達は宇宙船に乗らないけども…

150112_1.jpg

「うあに乗るー」

150112_2.jpg

「あたちは箱に…」

150112_3.jpg

「あたちも乗るよーになったのにゃ」

てんも毎日うあの膝に乗るようになりました。
私も乗せられるようになった〜!
 


 年末観た映画 〜12/31
2015年01月06日 (火) | 編集 |
 
去年の最後に観た映画は…

「Love Letter(95)」
  岩井俊二の出世作、かな。中山美穂主演で当時CMも多くすっかり観た気で、
  「忘れたなあ」と観てたら全然思い出せない…うむ、これは観てなかったね。
  しっとり滲みるような冬の空気と不思議な懐かしさが感じられてよかったな。
「スティーブ・ジョブズ1995 失われたインタビュー(Steve Jobs: The Lost Interview/11)」
  NeXTのCEOだった頃のジョブズのインタビューVTRが発見されたもの。
  ふっくらとしていて健康的な頃だね。インタビュアーの質問の具合も巧い。
  やはり先見の明があるしカリスマを持つ人だなあと感じられる。
「夢の降る街(The Butcher's Wife/9186)」
  デミ・ムーアがブロンドので知能力を持った不思議ちゃんを演じるロマコメ。
  たまたま島に来た肉屋に嫁いで…と都会暮らしで色んな人と絡みつつ、
  運命の人とハッピーエンド。悪くはないけどなんとなく居心地が困る感じ。
「ホビット 思いがけない冒険(The Hobbit: An Unexpected Journey/13)」
  壮大過ぎて手を出せていないLotRの前日譚の第一弾を帰省中に観た。
  ドワーフの故郷を取り戻す旅にホビットのビルボが一人加わり…と
  指輪を観てると「これが!」と思う部分も多いんだろうけれども、
  とりあえずは「まだまだ始まったところね」と感じて終わりました。
  それぞれの種族の描き分け、ロケーション、映像、全て素晴らしいけど、
  やはり壮大そうな複雑さに足踏み。ホビットの方だけは観ようかな。

――というわけで、2014年は総計143本!
ここ5年ほどでは一番観たかな?
(といっても10本くらいの違いだけども)


映画を観るテレビは今年もブラウン管に頑張ってもらおう。

150106_1.jpg

「あたちの寝床だからにゃー」

150106_2.jpg

「あたちはどうでもいい…」

150106_3.jpg

「てれびって何…?」
 


 新潟
2015年01月04日 (日) | 編集 |
 
年末の新潟は既に雪が道の壁になるくらい積もっておりましたね…

150104_1.jpg

↑貴重な晴れ間。

みいこさんは安定のパワフルみいこさんでしたにゃん。

150104_2.jpg

「にゃんじゃい」

150104_3.jpg

寒さで2.5頭身くらいにもなってましたねー。

150104_4.jpg

そしていつもなかなか可愛い顔が撮れないんだけど…

買っていったおみやげに付いていたチャーム&リボンを
つけた写真を送ってもらいましたよ。
少しはお嬢様ぽく見える!かも!

150104_5.jpg

そして私、ずっと風邪っぴきで過ごしてしまったので、
セナにはほとんど会いに行かない結果に…

150104_6.jpg

帰り際になんとか写真を。

150104_7.jpg

アップで見ると、さすがにおじいっぽくなってきたかな?
 


 2015・謹賀新年
2015年01月02日 (金) | 編集 |
 
明けましておめでとうございます!
2015年、平成27年。
今年もまったりのぞいていいただけたら嬉しいです。

150102_1.jpg

「今年も」

150102_2.jpg

「よろしく」

150102_3.jpg

「おねがい」

150102_4.jpg

「しますにゃ」