猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 真夏日のマリ
2011年06月29日 (水) | 編集 |
 
すっかり真夏日が続く時期になってしまったようです、あうー。
マリちゃんは…

110629_1.jpg

「なんだか暑くなったわー」


床で腹を出したり。

110629_2.jpg

「ふいー」


シンクの上にいたり。

110629_3.jpg

「ここ、結構冷たいのにゃ」


氷をいっぱいおねだりして過ごしておりますにゃ。

110629_4.jpg

「これはやめられないにゃーん♪」
 


 先週観た映画 ~6/26
2011年06月27日 (月) | 編集 |
 
週末は涼しくて、今日もかろうじて…
明日からは30度越えのようで、うわーん。

「サトラレ」01
  観てみたいなあと思っている内に10年も過ぎていたとは。
  原作の着想も面白いし、映画も本広監督ワールド?で飽きずに観られた。
  架空の設定でありながらも、誰もが共感できたりもする。ラストは泣けた…
  しつこい感がある思念でも、人は通常はこんな思念なんだろうなという感じ。
  オダジョーのドラマも観たくなったけど、レンタルしてない~。
「屋根の上のバイオリン弾き」Fiddler on the Roof/71
  名作のミュージカル映画ながら、話などもほとんど知らなかった。
  何とまあ濃い3時間である事か。しきたりを重くみるユダヤ人のテヴィエ、
  その家族とウクライナの村の人々、ロシアとの時代背景…など、
  決して明るい内容とは言えないんだけど、陽気な楽曲が多かったですね。
  実際に知っている曲は「サンライズ・サンセット」位だったかな。
  結婚式のシーンでの歌とは少々びっくり。娘達の結婚を許してやったり、
  許せなかったり…どうして俺の周りばかり!と言いたくなりそうだ。
  でもそれを受け入れて行くし、そうするしかないんだね。
  クロアチアで撮られたという広大な自然のロケシーンや、
  人々の日常生活がとにかくしっかりと描かれていて、素晴らしかった。
「ホーンテッドマンション」The Haunted Mansion/03
  以前に一回観たんだけど、ドラマの「リンリー警部」で気になった、
  ナサニエル・パーカーが主人幽霊役で出ている!と知って再見しました。
  いやー、改めて観ると、セットもCGや幽霊・お化けもしっかり凝っていて、
  この家に行ってみたいわ~なんて思ってしまいました。オープニング好きだ。
  お目当てのパーカーさんは、うん、クラシカルな坊ちゃん役が似合うね(笑)
  でもニュー・オリンズとはいえ、122年前に貴族が黒人女性と結婚できたか?
  (ディズニーの黒人プリンセスもニューオリンズだったなあ)…とその辺が、
  ちょいとエディ・マーフィの為に味付けされてるようで気になったり。
  まあ、身分違いで起こった悲劇ではあるのですが。

先週は3Movie(Total 61)。


らむちゃんがサトラレだったら…

110628_1.jpg

「ん?」


110628_2.jpg

「そうなった方が便利だにゃ~♪」

…人間は大変な事になるな(^^;)
 


 ひゃうひゃうてんちゃん
2011年06月26日 (日) | 編集 |
 
てんちゃんは滅多に鳴きません。
鳴く時は訴える時らしく、人間が行くまでずっと鳴いてたりする。
それが「ひゃう! ひゃう!」という猫っぽくない鳴き方なんだけど(笑)
エアコンやモーターっぽい音が嫌いらしくて、
最初の頃は鳴かれたら、消すようにしてました。

最近はなかったんだけど、久々に鳴き声が聞こえました。
行ってみよう…と思ったら、階段の途中まで来て訴えてた!
そう、行動範囲が広くなったせいもあるのか、
(一階には来ないけど)
階段の途中で空気を回している扇風機の音が嫌だったらしいのです。

覗いたら、ぱぱーっと階段の上まで上っちゃったんだけど、
そこから、うあがカメラで撮って編集してくれました。

とても猫とは思えない(鳥みたい)な声が録れてます(笑)
(音声大きくしないと聞こえないかも)

↓動画


↓キャプチャ
110626.jpg

消したら、鳴かなくなりました♪
 


 真夏日!
2011年06月23日 (木) | 編集 |
 
なんだかいきなり真夏日と熱帯夜がやってきております。
うは~参りますねえ…
昨日の朝に乗った電車は冷房が入っていなくて、
「節電か…」と思ったら、冷房の故障でした;
さすがに、完全に冷房オフ、って事にはならなそうですね。

我が家も猫達の為に、扇風機などを駆使する季節になりました。


マリちゃんは床で腹を出し。

110623_1.jpg

「ころり…」


らむは長椅子の上から下に移動し。

110623_2.jpg

「ふいー」


てんちゃんは毛布を敷いた所には行かなくなりましたにゃ。

110623_3.jpg

「うにゃ」

人間はだれてます(^^;)
 


 先週観た映画 ~6/19
2011年06月20日 (月) | 編集 |
 
週末は主に録画を消費してました…ので、映画もちょっと多め。
そういえば途中で見た「シルシルミシル」はロイヤルホストの特集で、
看板メニューのオニオングラタンスープの紹介では、
やっぱりマリリンが出てましたね~写真は同じものだけど。
あの一枚しかないのかな。

「ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲-」10
  続編です。前編と同じくクドカン脚本に三池監督です。うーん…あっはっは。
  真面目にふざけてますなあ、というか、ラストはどうしようかと。ねえ。
  仲里依紗が思った以上に強烈でカッコよかったですな。歌もダンスもありあり。
「大洗にも星はふるなり」09
  舞台劇の映画化。夏の家でバイトをした仲間がマドンナの手紙に誘われ、
  イヴに勘違いしながら再び海の家に集まってくる。そこに弁護士も加わり…
  「キサラギ」を思い出してしまいつつ、こっちの方がほのぼのかな?
「未来警察」Runaway/85
  トム・セレック主演の近未来もの。と言っても26年前の味わいある近未来。
  業務ロボットが普通になった時代、そのトラブルを処理する係が警察にある。
  しかし狂ったチップで殺人が起こり始め…その犯人がジーン・シモンズ!
  素顔で初出演した映画だそうで。ははは、目つきも怪しさ満点でした!(笑)
「ベルサイユの子」Versailles/08
  ギョーム・ドパルデューの(多分)遺作。ベルサイユ宮殿の横の森には、
  ホームレス達が大勢いる。そこに暮らすダミアンの元に偶然訪れた母子。
  5歳のエンゾが置いていかれ、戸惑いつつもダミアンは世話を続け…
  分かりやすい説明はあまりないまま、淡々とラストまで展開していく。
  失業者の扱いや保護が日本とは随分と違いそうだなあというのも感じる。
  エンゾが超可愛くて、ダミアンのもどかしさが切ない。「靴ひも」…(泣)
「ナイル殺人事件」Death on the Nile/78
  言わずと知れたクリスティの大作ポアロ映画のひとつ。初海外のエジプトで、
  クリスティが執筆に使った部屋を見せてもらった事とかロケ地を思い出しつつ。
  すっかり忘れてると思ったけど、犯人と手口がすぐに思い至ったから、
  一度はちゃんと観たか、本を読んだんだろうなあ…
「地中海殺人事件」Evil Under the Sun/82
  続けて録画したクリスティ映画。上とシリーズと言っていいんだろうな、
  スタッフもキャストも被っている方が多いしね。
  ナイル~と比べると、なんだか全体的にリゾート気分が味わえるし、
  キャラクターの個性がすごく分かりやすいし、ラストの解決具合も、
  (ご都合はあろうと(笑))娯楽作品という感じでスカッと観れましたね。

先週は6Movie(Total 58)。


柄的に、我が家でゼブラークイーンと言えばマリちゃんかしら?

110620_1.jpg

「なんだにゃ、それ」


白黒つけるぜ!はてんちゃんね。

110620_2.jpg

「まあ確かに白黒はっきりしてますけど…」


らむちゃんは、茶色だからなあ…エイリアン?

110620_3.jpg

「にゃんだと!」

まあ、エイリアンは緑なんだけどね(笑)
 


 くもり続き
2011年06月18日 (土) | 編集 |
 
梅雨だなあというはっきりしない天気が続いておりますね~。
にゃんこ達は家の中で、いつもと変わりませんが(笑)
私はトニー賞関連もの番組などを観たりしております、ははは。

110618_1.jpg

「床で寝るのビミョーな温度ねえ…」


110618_2.jpg

「あたちはまだまだお膝がいいにゃ…」


110618_3.jpg

「さすがに電気毛布はいらないにゃ」
 


 てんちゃん足上げ
2011年06月15日 (水) | 編集 |
 
おお、てんちゃんが足をあげている。

110615_1.jpg

「ん…」


110615_2.jpg

「よいしょ」


110615_3.jpg

「あむあむ」


110615_4.jpg

「ぺろぺろー」

ぽよぽよしてても、やっぱり身体は柔らかいねv
てんちゃんの肉球はお鼻と同じ色ですにゃ。
 


 先週観た映画 ~6/11
2011年06月13日 (月) | 編集 |
 
今週は一本~。

「ラブリーボーン」The Lovely Bones/09
  シアーシャ・ローナン嬢がやはり上手くて可愛い主役で周りの俳優陣もグー。
  死後の天国ではない場所から現実の家族や好きだった子、犯人を見守るという、
  幻想的でありながら残酷な現実の猟奇事件が絡みついてくて、やるせないねえ。
  狭間の世界はとても楽しそうでいいけれど、現実はスカッと解決する訳でもない。
  でもそれでいい…と残された者達と去る者達の気持ちが重なる所が大切なのね。
  なんとなく観終わってから、ふわふわしか感じが残る映画。
  そしてエンドロールの長さに驚いた。10分以上ある。早送りしてしまったけど。

先週は1Movie(Total 52)。


おーにゃんも虹の橋で楽しく過ごしてるかな?

110613.jpg

「うにゃーん」
 


 ネコ店長
2011年06月12日 (日) | 編集 |
 
ネコ店長のいるお店に行きましたー♪
新宿の「Die Katze(ディー・カッツェ)」というお店です。

110612_1.jpg

ふっさふっさー!で優雅に店内を歩き回ってくれるネコ店長さんが、
4匹いらっしゃいましたよv
席の近くに来てくれた子を、もふもふ撫でさせてもらったりしました。
もふもふーv


我が家の三店長さんも各担当場所で…

110612_2.jpg

「お膝でなでなでしろにゃ」


110612_3.jpg

「氷をくだちゃいな」


110612_4.jpg

「撫でるんでしょ?」

――それなりに癒されます、はい。
 


 らむちゃん8歳
2011年06月10日 (金) | 編集 |
 
推定誕生日ですが、らむちゃんも8歳になりました♪

110610_1.jpg

こんなちんまりだった子も、

110610_2.jpg

…どっしりしましたな(笑)
今は我が家で一番、大きいもんね。
(重さはてんちゃんかもしれん)

人間の年に換算してみると、
らむちゃんは、うあと同い年くらいになりました。
ちなみにてんちゃんが私と同じくらい。
マリちゃんは…還暦…(笑)


これからも可愛く、

110610_3.jpg

「んむ」


元気で、

110610_4.jpg

「ふあー!」


楽しく過ごしてにゃ♪

110610_5.jpg

「うっしゃ!」
 


 先週観た映画 ~6/5
2011年06月07日 (火) | 編集 |
 
風邪が良くならず、私にしては今回珍しく病院に行きました…
ノドがひどいんで気管支炎とかかなあと思って耳鼻咽頭科に。
「ノドの風邪ですね」と言われて薬をもらいました、ははは。
昨日も会社を休んでしまいましたが、今日は随分と回復してきました。

そんな週末は出かけられもせず、寝ていても呼吸が苦しいので、
だらだらとレンタルや録画を結構見ておりました。

「フレッシュ・デリ」Green Butchers/De grønne slagtere/03
  「天使と悪魔」に出ていた殺し屋さんが気になって、その方の作品をレンタル。
  そうでなかったら絶対借りなかったな~という雰囲気漂うパッケージです、はい。
  人肉を扱う肉屋なんで「デリカテッセン」を思い出すけど、あれはファンタジー。
  こちらはというと…あら、何とヒューマンな可愛ささえ感じるお話でした。
  いえ、殺人も人肉も出てくるんだけど、静かな明るい画面でスプラッタでないし。
  それぞれの捨てられない悩みとかに共感して、ラストはほっこりしちゃったよ。
「フィッシュストーリー」09
  「デカワンコ」で気に入った多部ちゃん映画その2。彗星が地球に衝突、
  その危機の地球をある曲が救う!という…それだけでも面白そうなノリです。
  各時代が交錯しながら、少しづつそれらの繋がりが見えてきて…
  奇想天外な偶然や必然から繋がるラストは気持ちよく、面白かった!
  多部ちゃんもいいながら、森山未來がずるい位かっこいいです。
「ダレン・シャン」Cirque du Freak: The Vampire's Assistant/09
  人気長編ヴァンパイア児童文学の映画化。原作は完結してるのかな。
  主人公が優等生の良い子ながら蜘蛛好き。フリークスのサーカスで、
  珍しい蜘蛛に魅了されて盗んでしまった…という所から始まるのですね。
  ヴァンパイアとヴァンパイニーズという対立が親友との対立にもなっていく。
  まだまだ始まったばかりという感じだけど、ハリポタの如く続くのかな。
「アバター・オブ・マーズ」Princess of Mars/09
  原作は原題の通りSFの古典であるバロウズの「火星のプリンセス」。
  そうと知らなかったら、観なかったかな…ははは。
  確かにあの「アバター」の如く他の場所に思念とデータで身体が飛ぶのだ。
  意外と真面目ながら惜しい感じのB級感。絶世の美女であるプリンセスは、
  40越えたトレイシー・ローズだった。いや、綺麗だけどね。
「夜のピクニック」06
  多部ちゃん映画その3。80キロを24時間で歩くという珍しい行事のある高校で、
  複雑な秘密を抱えつつ、その世代の色々な思いを抱えつつの高校生達が、
  その行事の中だからこそ…で悩みを解いていく映画。悪くないけど、ちとだれる。
「96時間」Taken/08
  リュック・ベッソン製作&ピエール・モレル監督の90分スカッとアクション。
  「パリより愛をこめて」同様、派手なアクションがだれずに味わえますね。
  旅行先の娘を人身売買組織に攫われた元CIAのお父さんがパリで大暴れです。
  娘の為にばかすか壊すわ殺すわ組織潰すやら容赦ないです、はっはっは。
  でもリーアム・ニーソン、ちょっと年が厳しく感じてしまった…ごめん。

先週は6Movie(Total 51)。


かわゆく良く寝るマリちゃんは…

110607_1.jpg

「…ぷすー…」


鼻は詰まってないけど、寝息がよく聞こえるにゃv

110607_2.jpg

「…ぷぴー…」
 


 段ボールミックス
2011年06月03日 (金) | 編集 |
 
相変わらず使い込んだ段ボールが好きだけど、
穴が大きくなってしまいましたよ。

110603_1.jpg

「んくー」


らむちゃん、こっちはどう?

110603_2.jpg

「んー?」


試しに、うあが新しいのと組み合わせてみました。

110603_3.jpg

「……」


110603_4.jpg

「新しいような、前と同じような…」

とりあえず今は、これを活用してくれてます(笑)
 


 香箱
2011年06月02日 (木) | 編集 |
 
衣替えにもなる6月に入りつつ、雨で寒いですね…
ちょっと風邪がぶり返してきたりもして。
皆様もお気をつけくださいませ。

にゃんずも、伸びかけていたのが丸まって香箱になってます。

110602_1.jpg

「涼しいにゃり」


110602_2.jpg

「氷は相変わらずウマイけどにゃ」


110602_3.jpg

「暑いよりはいいかも…」

今年は冷夏になってくれないかと、つい願ってしまいますが、
そんな事はなさそうですねー;