猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 先週観た映画〜10/14&寒い!
2017年10月19日 (木) | 編集 |
 
ついこの間「夏か?」という天気だったのに、
あっという間に師走だという気候に…
さーむーいー!

当然、にゃんたちもぬくぬくな場所に行ってます。

171019_1.jpg

「ストーブの前にゃ!」

171019_2.jpg

「おひざでもぬくぬくー」

マリとてんの猫ベッドのホットカーペットもスイッチオン。

171019_3.jpg

「ぬく…」

171019_4.jpg

「ぬくぬく…」

なんだか秋がないぞー!



久々にちょっとまとめて映画。

「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ(Les Héritiers/2014)」
  パリ郊外の高校の落ちこぼれクラスが女性教師の元で再生する実話ベースもの。
  様々な人種や価値観の生徒たちの混在ぶりに日本ではあり得なくてまず驚く。
  ウシュビッツをテーマに歴史コンクールの為に知識を得て団結していくんだけど
  テーマが重いこともあるけれど、それぞれが真面目に取り組んでいく過程が、
  ちょっと弱いかなあ…そこが実話だと言われれば、ではあるけど。
「インデペンデンス・デイ: リサージェンス(Independence Day: Resurgence/2016)」
  1996年の続編。もう20年前なのね。完全なる続編で続投キャラもいつつ、
  もちろん新しく活躍する新世代もいる。でもなんともそちらは薄い印象。
  その混在もあってか、なんだか雑然としたイメージで観終わってしまった。
「スキャナー 記憶のカケラをよむ男(2016)」
  古沢良太脚本・金子修介監督、野村萬斎主演の特殊能力を持つ男と事件の物語。
  テレビドラマ的なキャラとネタだなあと思いつつ、宮迫とのコンビも面白かった、
  事件の方は少々トンデモかなあ、ははは。
「超高速!参勤交代 リターンズ(2016)」
  痛快時代劇の続編。続く悪役が非常に時代劇らしい悪役で主役達が引き立つ。
  そして前編から続くキャラクター達の絡みと苦労ぶりにほっとしたり笑ったり。
  皆が最後に笑い合えるのは楽しいけど、湯長谷藩の連中、強過ぎだろ!(笑)
「メン・イン・キャット(Nine Lives/2016)」
  NYのワンマン社長ケヴィン・スペイシーの中身が猫に…!という話なので、
  アメリカ映画かと思いきやなんと仏中映画。確かにほんのり仏映画ぽいかな。
  ジェニファー・ガーナーやクリストファー・ウォーケンもいい味出してます。
  しかし家族や息子があんなに彼を愛しているのは少々「?」である。
「キアヌ(Keanu/2016)」
  ギャングのところから逃げ出した子猫に悪人達がめろめろに…!
  アクションシーンをスローで華麗に走り抜けるキアヌの姿が最高。
  猫のキアヌの声をキアヌ・リーヴスが当ててるのね(笑)
  黒人らしいワルの喋り方ってあるんだなーとかどんでんもあり面白かった。
「帰ってきたヒトラー(Er ist wieder da/2015)」
  過去の世界で死んだヒトラーが現代に甦り、テレビに出て…と、
  ドタバタコメディかと思っていたら、ラストに行くにつれてゾッとする流れに。
  戦争を知らない世代とすぐに思想を伝えられるメディアの時代の今、
  こんな風にヒトラーが現れたら有り得るかも…なんて思わされる。
「ドクター・ストレンジ(Doctor Strange/2016)」
  カンバーバッチ、マッツ、ティルダがマーベル作品に!しかも映像すごそう!
  と、映画館で3Dで観たかったけど結局テレビで観ました。
  期待した主役達はそれぞれによかったー!そして時空間を越えた映像世界の
  実現ぶりが圧巻。メイキングを観ると、それぞれのアクションもすごいが、
  力技だけではない戦いぶりはマーベルの中でも面白かった。
  続編も期待!あ、でももうマッツとティルダはいないんだな…

先週までは、8Movie(Total 69)。
 


 先週観た映画〜10/1&うあ不在再び
2017年10月06日 (金) | 編集 |
 
先日、またうあのお泊まりの仕事が…
今度はなんど4泊5日!
今までもほとんどなくて、今後もほとんどない予定なんだけど、
ちょっと重なりましたなー。

まあ、2泊3日の時、
思ったよりも大丈夫だったので、
今回は気持ちも楽でしたにゃ。

171006_1.jpg

「また、うあがいないにゃ…」

でもやっぱり、らむちゃんに一番変化があるね。
わがままが少なくて、おとなしいです(^_^;)

171006_2.jpg

「水飲むー」

トイレにお水飲みに呼ぶ回数も、
うあがいる時より、半分以下だね。
うあが戻ってきたら、すぐに戻ったけどね!(笑)

マリが一番変化なくマイペースね。

171006_3.jpg

「うむ」

てんも私におとなしくなでなでされてましたにゃ。

171006_4.jpg

「いつもと違うなでなで…」

何事もなくてよかった!


「最高の花婿(Qu'est-ce qu'on a fait au Bon Dieu?/2014)」
  フランスのブルジョア家庭の4姉妹がアラブ・ユダヤ・中国人と次々と結婚。
  祝福しながらも複雑な両親は末娘に願いを託すが彼女が選んだのは…という、
  差別的な部分も含みつつ、明るく笑える流れでハッピーエンドに。
  4姉妹と各婿の個性も面白いから、テレビシリーズで見てみたい!
「スーサイド・スクワッド(Suicide Squad/2016)」
  新たな敵を倒す為に集められたのは悪役達、逆ジャスティス・リーグなのね。
  とにかく前予告からマーゴット・ロビーのハーレイ・クインが強烈で、
  他のキャラはそんなに知らなかった(笑) ジョーカーの恋人なのね。
  リックとジェーンの恋人やデッドショットの親子関係も描かれるけど、
  とにかくハーレイとジョーカーの関係が鮮烈なので残るのはそこばかり。
  シナリオの弱さが指摘されてたけど、続編は作られるのかなあ。
「ターザン:REBORN(The Legend of Tarzan/2016)」
  マーゴット・ロビーつながりで。英国紳士として暮らすクレイトン卿から
  始まる、原作に近いだろう雰囲気のターザン物語。散々言われてたけど、
  アレクサンダー・スカルスガルドの身体作りがほんとすごいです。
  しかし吹替で観てしまったので桐谷健太の喋りがイマイチ合わず…
  ジェーンの強さもいいよ。そしてCGによる動物達との共演も素晴らしい。
  録画を消してからターザン父が Hadley Fraser だったと知る…よく観てなかった!

先週までは、3Movie(Total 61)。
 


 新潟帰省
2017年09月18日 (月) | 編集 |
 
連休に新潟に帰ってきました。

田んぼは黄金色!

170918_1.jpg

みーちゃんはいつも通りふてふてぶ…
いや、かわいく迎えてくれましたにゃ。

170918_2.jpg

「うむ」

さすがに年をとってきて牙も抜けてきたそうだけど、
食欲もあって元気でしたにゃー。

買い物でもらった段ボールにマタタビパウダー入れたら…

170918_3.jpg

「うみゃみゃー」

気に入って、ホームポイントのひとつになってましたにゃ。

170918_4.jpg

「サイズもちょうどいいにゃー」


コスモスや、

170918_5.jpg

アルパカも見てきました。

170918_6.jpg

帰る頃には田んぼの姿も変わってました!

170918_7.jpg

また来るねー!

170918_8.jpg

「にゃー!」
 


 先週観た映画〜9/3&らむの日課
2017年09月10日 (日) | 編集 |
 
うあにわがままをいっぱい言う日課は変わらずのらむちゃんですが。

170910_1.jpg

「むふふん」

最近はちょっと日課が増えてます。

猫用品置き場の扉を開けさせてチェック。

170910_2.jpg

「ふむふむ」

マリのご飯を食べちゃう。

170910_3.jpg

「はぐはぐ」

前は時々だったのに、最近はなんだか毎日だねー。
日課が増えて、なんだか忙しそうならむちゃんです。
まあ、毎日元気そうで何よりなのにゃ。


「あやしい彼女(2016)」
  韓国映画のリメイク。若返って現代で青春を再び過ごすヒロインが多部ちゃん。
  倍賞美津子の破天荒おばあちゃんぶりが韓国っぽいなあ、と思ってしまった。
  そして若返る仕組みも簡単過ぎるけど、その単純ぶりがいいのかな。
  中国、ベトナムでもリメイクされ、更に他アジア、ドイツでも予定とか。
「グッドモーニングショー(2016)」
  君塚良一監督脚本フジテレビ製作の安定して観られるエンタテイメントもの。
  ワイドショー内幕vs立て篭もり犯の一幕で、少々はらはらしつつも、
  それぞれのキャラにくすりとしつつ。無難ではあれど後味悪くないラスト。 

先週までは、2Movie(Total 58)。
 


 先週観た映画〜8/27&涼しい週末
2017年09月02日 (土) | 編集 |
 
まだ真夏の気候…のはずが、
ずいぶんと涼しい週末になりました。

にゃん達は温度には敏感。

170902_1.jpg

「かぶるにゃー」

170902_2.jpg

「ホットカーペットにゃ…」

170902_3.jpg

「こたつー」

みんな早々にぬくぬくしてました。


「スター・トレック BEYOND(Star Trek Beyond/2016)」
  新映画シリーズ第三弾。この時系列をケルヴィン・ラインというのね…等々、
  平行世界のスポックの死の辺りから「これは色々思いださねば!」というネタ多し。
  まあ単純にも楽しめるんだけど、やはり細かく「ニヤリ」としたいよね(笑)
  今回の敵は少々王道的などんでんでもあるけれどなかなか面白かった。
  でも船が!あっという間に壊滅的に壊れて悲しかった…建造シーンあるけど。
「リターン・トゥ・アース 宇宙に囚われた1027日(Projet-M/2014)」
  邦題がもろにネタバレしているカナダのフランス語近未来SF映画。
  木星の衛星への旅の為に長期滞在プロジェクトを進める4人の男女。
  新発見を伝えた後の地球は予想外の事態となり帰還もあやぶまれ…
  …という密室でのあれこれ。なかなか面白かったけどツッコミ所は多し。
「ジュピター20XX(Astronaut: The Last Push/2012)」
  これも宇宙に取残され系のアメリカ映画。↑よりも更に最低環境の密室で独り。
  ほとんどアップとその狭い空間だけで物語は進むだけに、閉塞感ハンパなし。
  ラストは確かに普通に戻ったらつまらんけどさ…という終わりだったな。
  何はともあれ「宇宙飛行士:最後の決断」的な原題の方が絶対によい。

先週までは、3Movie(Total 56)。