FC2ブログ
猫三匹と暮らすのほほんな日々のこと。
 お皿置き場
2018年09月17日 (月) | 編集 |
 
うあのおヒザが大好きらむちゃん。

180917_1.jpg

「むふん」

ご飯の間はいつも横で待ってるんだけど、
今日は食べてる途中で乗っちゃった。

180917_2.jpg

乗せてもらえてるから、
お皿置き場でも文句言わない…

180917_3.jpg

手も伸びてくつろぎ出す(笑)
 


 先週まで観た映画〜9/8
2018年09月08日 (土) | 編集 |
 
あっという間に9月です。

てんちゃんのいい感じの写真が撮れたにゃー。

180908_1.jpg

「ん?」

てんちゃんは手をクロスしてる事が多いね。
長く見えるのだ。

180908_2.jpg

耳も長いにゃー。


映画。
なんだか実話ベースを続けて観た。

「ハウルの動く城(Howl's Moving Castle/04)」
  地上波放送してたので久々に全編が観たくなって、Blu-rayを買ってしまった!
  当時はキムタクの声に「うーん?」だったけど、今になれば普通に聞けるね。
  細かいことも知りたくなって原作も買って読んでしまった。
「ミックス。(2016)」
  ガッキーと映太主演の卓球ラブコメ。冒頭に色んなガッキー詰め込み過ぎ(笑)
  おちこぼれ仲間達が頑張って大会を目ざして行くという王道モノなので、
  ほっこりもハラハラも安心して観ていられる。広末や蒼井優も面白かった。
「ブレードランナー 2049(Blade Runner 2049/2017)」
  前作から30年後を描いた続編。うん、本当に続編なので、前作(&短編3つ)を
  ある程度は理解していないと付いて行けない。エイリアンの時のように、ネットで
  前作のあらすじを確かめたりしながら観る事になってしまった…
  内容や映像はハマっていたら好きになれそうなものではあるのですが。
「散歩する侵略者(2017)」
  舞台を元にしたという侵略SF。往年SF物を彷彿とさせてくれる王道でありつつ、
  概念というものを奪われていくというシチュエーションが最も特徴的かな。
  その中で時々クスリとさせられつつ「愛が地球を救った」というのが、
  なんだか納得できる終わり方だった。
「予兆 散歩する侵略者(2017)」
  上の映画のスピンオフというかサイドストーリーかな。元はWOWOWドラマ。
  本編と絡む部分はないのね。ホラー要素が強くて、暗い展開にちょっと疲れた…
「ドリーム(Hidden Figures/2016)」
  実話を元にしたNASAラングレー研究所で実際に活躍した計算手として働いていた
  黒人女性3人を中心に、マーキュリー計画に関わる人々を描いた映画。
  人種差別が根強い転換期の時代を描いていたのも興味深いけれど、実際にどれだけ
  「計算」が大事か、それが手計算だった時代のすごさも垣間見えて面白かった!
「チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜(2017)」
  結成3年で全米優勝したチアダンス部の実話の物語。実話ベース故に、
  大きく逸れた物語ではなさそうだけど、3年で達成、その後も続いたとはすごい。
  広瀬すずは安定の元気ヒロインで、中条あやみはスタイルの良さに驚いた(笑)
「猫なんかよんでもこない。(2015)」
  元ボクサーの漫画家さんの猫エッセイの映画化。特に年代を特定してないけど、
  実際の時代は随分昔らしいので、猫の飼い方もその当時らしさが漂う感じでした。
  猫達が活き活きと可愛らしく、それだけにやはりクロには泣けてしまう…
「恋妻家宮本(2016)」
  重松清原作小説の映画化。息子が結婚し、二人きりになった夫婦。
  妻が離婚届を隠しているのを見つけてしまい…ヘタレ阿部寛はアリかもだけど、
  50歳のただのおばちゃん的な主婦に天海祐希が見えなくてそこが一番難点かも。
  それぞれの悩みと解決が特殊なことではなくそこがいいかな。エンディング楽しい。

先週までは、9oMvie(Total 38)。
 


 手足がぴょこ
2018年08月30日 (木) | 編集 |
 
らむはタオルをかぶって寝ることが多いんだけど、
そこからぴょこっと出ている手足を見ると、
「きゅーん」ときて、ついつい写真を撮ってしまいます。

180830_1.jpg

お手手ぴょこ。

180830_2.jpg

しっぽもぴょこ。

180830_3.jpg

足もぴょこ。

180830_4.jpg

「何を撮ってんだにゃ…」

マリがいなくなってから落ち着くか?と思いきや、
べったり甘々ぶりが更に遠慮なくなってきたらむちゃん。
 


 1週間
2018年08月24日 (金) | 編集 |
 
マリがいなくなって1週間たったにゃー。

180824_1.jpg

窓際が暑そうなので、
マリの場所はいつも寝ていた場所にしました。

180824_2.jpg

らむはさすがに何か感じたのか、
最初の2日ほど、飼い主の寝床に来ましたが。

180824_3.jpg

「うにゃ」

基本的にはわがままをきいてもらえる時間が増えたので、
甘々わがまま時間をここぞと堪能しております。

180824_4.jpg

「むふん…」

実は如実に変わった!ということがあったのはてんちゃん。

180824_5.jpg

「うにゅ…」

てんちゃんは毎朝4〜5時台に鳴いて、うあを起こして、
うあが寝不足気味の日が増えていたのですが。

それがぴたっと止んだ!

ああ多分、毎朝マリが起きて、階段の途中にいたんだな〜と今更分かった。
(今までも階段の途中にマリがいて、鳴くことがたびたびあった)

180824_6.jpg

朝は起きるのを階段下で待ってくれていたり、
家に帰ると、いつもドアの前まで迎えに来てくれたり。
らむほど主張はないけど、いつもそばにいてくれたマリちゃん。
まだつい「そこにいるかな?」と思ってしまいますにゃ。
 


 マリン、虹の橋へ
2018年08月17日 (金) | 編集 |
 
8月16日、14時頃にマリンは虹の橋へ旅立ちました。

180817_1.jpg

18歳と3ヶ月。
15歳の頃に既に病院の先生からは、
「純血の子なのに長生きですね!」と言われてたマリちゃん。
10歳で亡くなったおーにゃんの分もマイペースに生きてくれたなあと思います。

6月下旬に便摘(便を直接摘み出す事)で病院に行った後、
もう大丈夫かな?と思ったんですが、
またひどい便秘になってしまい、7月下旬に病院で再び便摘してもらいました。
その時も帰った後は、すぐにご飯を食べたりしてくれてホッとしたのですが。

年々、少しづつ現れていた老いの症状が、
今月に入って一気に現れてきました。
足に力が入らなくなり、
食が細くなり…
今週に入ってからは、
歩くのが危なくなり、
トイレに行くのが難しくなり、
水しか飲まなくなり…

前日はまだ蛇口から自分で水を飲み。

180817_2.jpg

当日も日なたで寝たりしていたのですが。

180817_3.jpg

歩きたそうなのに、前脚も動かなくなった?と思ったら、
口が開いて呼吸が危なくなり…

私もうあも休みで家がいる昨日、
二人で見守る中、ゆっくりと息を引き取りました。

本当にマイペースで、
介護のような手間もほとんどなく、
徐々に訪れる老衰で、大往生してくれたな…と思える最期でした。

180817_5.jpg

とても爽やかで気持ち良い晴れの天気となった今日、
火葬してもらい、家に帰ってきましたよ。

180817_6.jpg

らむはおーにゃんの時と同じく、
様子の違ってきたマリちゃんを怖がっていましたが、
最後の夜は実は、少しだけしっぽが触れてたね。

180817_4.jpg

↑自分のこたつに入ってるらむのしっぽと、横で寝ていたマリのしっぽ。

今頃は、おーにゃんが「虹の橋」 に迎えに来て、
世話を焼いてくれてるんじゃないかなあと思います。

180817_7.jpg

おーにゃん、マリちゃんをよろしくね。
そしてマリちゃん、本当に今までありがとう。
これからは空から、おーにゃんと一緒に見守っていてくれますように。